ブログカテゴリ:2013年



2013/12/22
いよいよクリスマス発表会の当日がやってきました。この数日間、福岡の天気といったら最悪で、寒い中土砂降りの雨。まずは天気が心配だったのですが、今日は見事に晴れました。生徒さんの熱い思いが天に届いたのでしょうか。 私が音楽教師を務めている浄水通り幼児園にて、「モチコピアノスクール...
2013/12/18
朝日新聞が月に2回刊行しているGLOBEに、「絵本」に関する記事がありました。ニュージーランドの実話「クシュラの奇跡」。先天的に重い病気を持って生まれたクシュラが、絵本の読み聞かせを通じて奇跡的な成長を遂げたというお話。もっと知りたいと思い、調べてみました。 http://www.bookwave.jp/Cushla-teach-me/...

2013/12/12
気がつけば、クリスマスがすぐそこに。福岡の街のイルミネーション、今風に洗練されていてとてもキレイです。街を歩くだけでワクワクします。 モチコピアノスクールのクリスマス発表会は、みんな調子を上げて準備が整いつつあります。ピアノレッスンを始めて2ヶ月目の生徒も、初々しい演奏を披露してくれます。...
2013/11/24
子供の時に楽しみに読んでいた絵本は何ですか? モチコピアノスクールの生徒さん達が待ち時間を過ごす木のソファーには、いつも絵本が置いてあります。兄弟で通っている生徒さんは待ち時間が長いので、待っている間、絵本を読んだり、折り紙をしたり、学校の宿題をやったりして有意義に過ごしています。すっかり寒くなったので絵本コーナーも衣替えです。...

2013/11/22
今日は5歳の男の子、ユウ君のレッスンをご紹介します。楽しい事が大好きなユウ君は、レッスン中あちらこちらに気が散って、なかなかピアノの前に座れない日が続いていました。でも、集中したときには、一回で覚える力があります。その力を生かして、なるべく気が向くように、あの手この手で聴音と譜読みのトレーニングを進めていました。そして迎えた前回のレッスンで、見事に「蝶々」と「ヘンゼルとグレーテル」を演奏したのです。気になっていたレッスン態度も申し分なし。 「今日のピアノはサイコーだったな〜!」意気揚々と帰っていったユウ君(5歳)は、 果たして今日もサイコーのピアノを聴かせてくれるのでしょうか? 部屋に入ったユウ君は、真っ先にピアノに向かいます。 (よし!このまま一気に流れに乗せるぞ。) 「簡単だよ〜、こんなのも出来るんだよね、僕」 前回絶好調だった聴音を次々に片付けます。 (うん。今日も冴えている、この調子だ!) そして譜読みの練習とテクニックの練習を経由して、今日の本命、新曲「ロシアの歌」へ突入。 (まさか、一回で出来る事はあるまい。) ところが、この日のユウ君は見事に新曲を一回で弾き上げたのでした。 「とても良かったから合格だよ」 「ご、合格!」と、ユウ君は目を輝かせて喜んでいました。 今日もサイコーのピアノでした。 初めてのレッスンから3ヶ月。これで、ユウ君もレッスンの軌道に乗る事が出来たようです。レッスンメニューの中ではカスタネットとピアノの合奏が特にお気に入りの様子。出来たらすぐにロールチェンジします。ビート感が身に付くので、とてもいい練習だと思いますよ。 さあ、12月のクリスマス会ではどんな演奏を聴かせてくれるのだろう。
2013/11/17
けやき通りのベニールカフェで小さな講演会がありました。ベニールカフェは警固教室の向かいにあるお店で、時々ランチをしに、時々コーヒー豆を買いにお邪魔しています。...

2013/10/30
九州大学でイエナプラン勉強会が開催されると聞いて行ってきました。ドイツで発祥し、オランダの学校教育で大きな成果を上げたイエナプラン教育。日本でも少しずつ注目が集まっているようですね。講師に迎えられたオランダ在住のリヒテルズ直子さんは、オランダ教育・社会研究家として、日本へのイエナプラン教育普及のため意欲的に活動されている方です。...
2013/10/17
福岡市美術館で子供向けワークショップが開催されます。この機会に、家族みんなでお出かけしましょう! 音楽にも美術にも共通していること。それは、聴き方や見方を訓練すればずっと楽しくなる、ということです。クラシックは分からない。美術のセンスはない。と謙遜せずにちょっと見方を教われば、絵も音楽も好きになりますよ。 11/2〜11/4の三日間の開催です。...

2013/10/07
初回ブログから5回に渡って登場したハルキ君。レッスン風景の連載は好評で、「あれからどうしてますか?」と聞かれる事もしばしば。もちろん、今も元気にレッスンに通っています。 2歳1ヶ月のハルキ君は、言葉でのコミュニケーションが少しずつ始まりました。今日のレッスンではお母様から、「キラキラ星を、家で歌ったんですよ」と聞いて、ビックリ。...
2013/10/03
今日はお勧めの一曲をご紹介しましょう。最近レッスンで取り上げたプロコフィエフの「ねこ」。ピアノ教本の中に収められている、ユーモアに富んだ素敵な曲です。この曲レッスンで弾いてみたら、お母様が「この曲クラリネットで吹いた事があります」と、おっしゃいました。てっきりピアノ曲だと思っていたら、原曲はオーケストラのために書かれたものだったのです。ナレーション付きのオケ曲、「ピーターとオオカミ」の中の一節。という訳で、いろいろ教わったレッスンでした。さっそく調べてみるとオケバージョンを発見。

さらに表示する