ユウ君 男の子(年中さん)のピアノレッスン

今日は5歳の男の子、ユウ君のレッスンをご紹介します。

 

楽しい事が大好きなユウ君は、レッスン中あちらこちらに気が散って、

なかなかピアノの前に座れない日が続いていました。

でも、集中したときには、一回で覚える力があります。

その力を生かして、なるべく気が向くように、あの手この手で聴音と譜読みのトレーニングを進めていました。

 

そして迎えた前回のレッスンで、見事に「蝶々」と「ヘンゼルとグレーテル」を演奏したのです!

気になっていたレッスン態度も申し分なし!

「今日のピアノはサイコーだったな〜!」

と言って意気揚々と帰っていったユウ君(5歳)は、

果たして今日もサイコーのピアノを聴かせてくれるのでしょうか?

 

部屋に入ったユウ君は、真っ先にピアノに向かいます。

(よし!このまま一気に流れに乗せるぞ。)

 

「簡単だよ〜、こんなのも出来るんだよね、僕」とユウ君。

前回絶好調だった聴音を次々に片付けます。

(うん。今日も冴えている、この調子だ!)

 

そして譜読みの練習とテクニックの練習を経由して、今日の本命、新曲「ロシアの歌」へ突入。

(まさか、一回で出来る事はあるまい。)

ところが、この日のユウ君は見事に新曲を一回で弾き上げたのでした。

 

「とても良かったから合格だよ」

「ご、合格!」と、ユウ君は目を輝かせて喜んでいました。

今日もサイコーのピアノでしたよ。

 

初めてのレッスンから3ヶ月。

これで、ユウ君もレッスンの軌道に乗る事が出来たようです。

レッスンメニューの中ではカスタネットとピアノの合奏が特にお気に入りの様子。

出来たらすぐにロールチェンジします。

ビート感が身に付くので、とてもいい練習だと思いますよ。

 

さあ、12月のクリスマス会ではどんな演奏を聴かせてくれるのかな♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ