ブログカテゴリ:コンクール



2019/05/25
6/16 代表講師によるコンクール対策を警固教室にて実施致します。 ①15:30-16:15 ②16:15-17:00 ③17:00-17:45 ④17:45-18:30 上記の時間枠で先着順で受付させて頂きます。 料金は1枠につき4,000円です。*お一人につき2枠まで受講可。2枠目は1,000円OFF。
2018/09/08
今回はコンクールを活用してやる気を引き出す方法について考えてみます。 コンクールに参加すると目的意識を持てたり、練習量が増えたりよい効果があります。 実際に生徒達を見てみると、練習量は2倍くらいに増える傾向がありますし、夏休み期間は3倍くらいになる場合もあります。...

2017/09/24
この秋、スクールの講師がピアノコンクールの審査員を務めます。 10/3 日本クラシック音楽コンクール 福岡本選(望月) 11/5 九州国際バッハコンクール 福岡予選(重田) お近くの方は、是非選考会を聴きに来られてはいかがでしょうか。...

2016/10/21
以前のピティナ課題曲をテクニック5項目で分析する、という凝ったブログ。 苦労しただけあって、たくさんの方にご覧頂けたようです。 今回はショパンと同時代の作曲家が課題曲で、どれもスタイルとテクニックの難しさは似ています。 5項目分析、いらないかな。 とは言え、知らない曲もあるので勉強のために一通り目を通してみましょう。...
2016/05/03
D級になるとある程度の読譜力と曲を弾きこなす技量が求められてきます。 4曲を並行して練習していかなければいけませんから、練習時間の確保も大きな課題になりそうです。 バッハは音楽的にどれも素晴らしい作品です。 キャラクターに合わせて選ぶのがおすすめ。 特に弾きにくいのはフランス組曲5番ジーク、シンフォニア12番あたりではないでしょうか。...

2016/03/18
ピティナピアノコンペティション2016年度、C級課題曲ではバロックにインベンションが登場します。 15曲、どれをとっても素晴らしい内容ですから一曲を選ぶのは難しいですね。 個人的には13番、14番、15番、4番、6番あたりが好きですし、コンクールでもよく選曲しています。 インヴェンションの難易度判定は省略させて頂きます。...
2016/03/17
ピティナピアノコンペティション2016年度の課題曲を分析して5つのテクニック要素をレベル判定してみました。 5つのテクニック要素はフランス往年の巨匠アルフレッド・コルトーのピアノメソッドからヒントを得ています。 ここではA〜Cのレベルを年齢別カテゴリーの範囲で判定しています。...

さらに表示する