カイエ・ドゥ・ルモワンヌ2

色々なスタイルの曲に触れることは、子供たちの興味を引き出す上で大切です。

 

カラフルな色彩、透明感のある響きが楽しめる曲集「カイエ・ドゥ・ルモワンヌ」

ドイツ的なきっちりした和声をともなって書かれた作品というより、スケッチのように即興的な音楽になっています。

1巻(黄色)は導入期からブルグミュラー程度の難易度で弾けるので、発表会の選曲でとても役に立ちました。

 

これから2巻もたくさん弾いていきたいと思います。

明るい色のかわいい表紙も気に入っています。