もうすぐお別れ レン君のピアノ

明るい日差しの中に、ひんやりと冷たい風が吹いた一日でした。

3月は別れの季節でもあります。

 

あと一回のレッスンと月曜日の大発表会を最後にお別れになってしまう、レン君。

小学3年生の終わり頃から約2年間、ほぼ休みなく井尻の教室へ通ってくれました。

最初に会ったときから真っすぐな眼差しを持っている子でした。

思ったことが素直に言葉に出る面白いところがあったので、距離が縮まるまで、ほとんど時間がかからなかったですね。

 

モチコピアノの前はピアノを習ったことがなく、3年生で一からのスタート。

もちろん、最初は大変です^^;

レッスンに通っていた2年の間にリズム、譜読み、テクニックの基礎練習について、何度も口うるさく言いましたから、時には口論になることもありましたね。

 

でも、根っから音楽が好き、ピアノが好きという気持ちが強くありましたから、「ピアノに毎日触れることの喜び」を絶やすことなく続けて来ました。

 

この日はギロック作曲「ウィナーワルツ」、ブルグミュラー「優美」、バスティン「ヘルナンドの隠れ家」を本番へ向けて猛練習〜!!

上手くいかない時も「いいピアノを弾くな〜」と関心していましたが、今日はもうっ、絶好調です!

 

このままいつか立派な青年になって、かっこよく弾いているのでしょうね^^

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ