卒業生の訪問

先週の日曜日、転勤のため北海道へ引っ越したお友達がレッスンに来てくれました。

 

双子兄弟のかいくん・しゅうくんはモチコピアノスクールの一期生。

お母さんと一緒に初めて教室へ来た日のこと、最初のクリスマス会、お別れ前の大発表会のこと。

どれも印象的に心に刻まれています。

 

この日二人が聴かせてくれたのはバッハのポロネーズ、ギロックの祭り、シューマンのArmes Waisenkind、モーツァルトのアレグロin Fの4曲。

色々なスタイルの曲に触れながらピアノを習う事はとても大切だと思います。

 

双子とはいっても、4歳の時から二人は違った個性を放っていましたから、同じ内容で競わせないことには気を使いました。

 

スクールに習いに来られていた当時は、私もまだまだ新米教師でしたから、お母様との交流の中から色々な事を感じる日々でした。

 

「ピアノは家庭教育の柱になり得る」と確信してスクールを運営するようになった背景には、卒業生と親御さんの姿があったのだとつくづく思います。

この日はなんと朝8時からのレッスン!!

 

寒い、寒いとつぶやくこの頃なのに、北海道からのお客さんは元気いっぱいです。

 

今週末は福岡も氷点下まで気温が下がり、雪の予報がでていますね。

 

寒い冬には北海道で頑張っている彼らのこと、ドイツ時代に見た景色を思い出したり。

出会いに感謝した一日でした。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    しゅう・かい (月曜日, 25 1月 2016 12:24)

    先日は朝早くから、お邪魔いたしました! ありがとうございます。
    子供達1人1人に、本当に愛情あふれるまなざしを注いで頂いていたのだと、教室を離れてあらためて気づかされます。
    福岡も昨日は大雪、大丈夫でしたでしょうか? 北海道でも今朝今年1番の寒さを記録、札幌でー10.8℃、道東ではー30.8℃だそうです・・・

  • #2

    モチコピアノ (月曜日, 25 1月 2016 13:25)

    寒さのピークは過ぎたようですが、まだ少し雪が降っていますよ。
    子供たちは普段目にしない大雪に喜んでいました。
    雪を触りながらやってきて、冷たい手でピアノを弾いています。

    私はというと、留学時代の冬に食べたものなどがふと記憶の底から湧き出てきて、楽しんでいます。
    いつもブログを見て下さりありがとうございます!
    これからも更新に励みますね。