ブログカテゴリ:2018年



2019/04/27
国立音楽大学から楽しそうなオープンキャンパスの案内が届きました。 昨年、スクール出身の生徒が進学した縁もあって、どんな学校なのか気になるところです。 AI時代を生きる世代にとって、何を学んで、どんなスキルを身につけるのか。 ワクワクする反面、悩ましくもあります。 機械やAIに出来る事は任せて、人間はもっと人間らしく生きる。...
2018/12/23
なかなか触れる機会のないホルン。 その魅力を知ってもらうために、音の仕組みを説明するコーナーを考えています。 ホルンは長〜い管で出来ていますが、その長さはなんと3.6メートル!実寸を見て欲しくて同じ長さのホースを調達しました。 するとどうでしょう。まるでホルンの音色が再現できるではありませんか。 ここからはさすがプロのホルン奏者。...

2018/12/22
音楽の贈り物の見所の一つ、子供達と世界のアーティストとの共演。 警固教室では連日リハーサルが行われていました。 今年の生徒出演枠では小学5年生の女の子、小学3年生の男の子が登場して、会場を沸かせました。...
2018/12/08
ヴィヴァルディ、クープラン、バッハ。 バロック後期に活躍した巨匠達の音楽を12月21日の「音楽の贈り物」で取り上げます。 それぞれイタリア、フランス、ドイツとお国柄も様々な中で独自のスタイルを確立していった作曲家たち。...

2018/11/22
さて、一ヶ月後に迫った音楽の贈り物の演奏曲をお伝えします。 チラシには一部のみ掲載してありましたが、これで全て出揃いました。 全半はドイツ、フランス、イタリアのバロック時代の巨匠達でしっかりと構成し、後半には各国の楽しい舞曲が次々に登場します。 まさに音楽を旅する贅沢なプログラムとなっております。
2018/11/19
けやき通りからほど近い、赤坂の住宅地に佇む一軒家カフェ「豆豆的花」が今夜の舞台。 20名のピアノ愛好家が集い、コーヒー片手に古いアップライトピアノを取り囲んだ。 「今年からピアノ教室に通い始めた6才の娘と一緒に、昔習ったピアノを楽しんでいます」 「来週に迫った大人のピアノコンクールへ向けて場数を踏みに来ました」 参加の動機は様々。...

2018/10/27
ひとくくりにクラシック音楽といっても時代ごとに様々なスタイルがあります。 例えばモーツァルトとベートーヴェンは「古典派」と呼ばれていて、ショパンは古典派の後に続く時代「ロマン派」に属する作曲家です。 ①バロック②古典派③ロマン派④近現代 ピアノ曲はおおまかにこの4つの時代様式に分けることが出来ます。...
2018/10/07
ちょっと気が早いけど、クリスマスのイベントはこれで決まり! 今年も世界で活躍するアーティストが音楽の贈り物を届けに福岡へやって来ます。 私たちがよく知っているバッハ、モーツァルト、チャイコフスキーなど偉大な作曲家達は独自の芸術を追求する一方で未来を担う子供達のために、楽しく愛らしい音楽を数多く書き残しました。...

2018/09/08
今回はコンクールを活用してやる気を引き出す方法について考えてみます。 コンクールに参加すると目的意識を持てたり、練習量が増えたりよい効果があります。 実際に生徒達を見てみると、練習量は2倍くらいに増える傾向がありますし、夏休み期間は3倍くらいになる場合もあります。...
2018/07/21
さあ、今日から子供達は夏休みに突入です。 連日35度を観測する猛暑が続いています福岡ですが、熱中症にはくれぐれも気をつけたいところ。 毎年この時期に行っているおさらい会。 スタインウェイのフルコンサートグランドが鎮座する地下深くのスタジオにて、涼しげに音楽に耳を傾けます。 聴く態度の向上も目的の一つ。...

さらに表示する