譜読みが大変!?

ピアノの練習が嫌いな理由。

1位はズバリ、譜読みが面倒だからだと思います。

心当たりはありませんか。

 

お母様にとって毎日の練習にどのように付き添えばいいのか、素朴な疑問だと思います。

そんな時は是非、次の3つに気をつけて練習を見てあげてください。

 

①リズム

②音程(ドレミ)

③指使い

 

②の音程が間違っていたら、誰の耳にもすぐに分かると思いますが、①のリズムは意外とルーズになりがちです。

音楽はリズムから、というくらいですから、100%正確に。

 

そして、③の指使いがとても大切です。

楽譜に書かれてある指使いの指示を見落していても、音楽的には問題なかったりします。

でも、何の指でも弾けたらオッケー!ではありません。

実は指使いはとても奥が深く、音楽性と密接な関係があります。

書かれてある指使いが全て正しい訳ではありませんが、型を学習することで将来の伸びが変わってくるのです。

 

とくに小学校低学年くらいまでは、上記の3つに気をつけてお子さんの練習を丁寧に見てあげて下さい。