ミッフィーとフェルメールさん

オランダのヒーローがコラボした絵本!

アムステルダム留学時代に親しんだお二人と再会しました。

ミッフィーとお話しながらたくさんの名画が登場するという設定です。

 

「この おんなのこは だれかしら」

娘さんかな。奥さんかな。お手伝いさんかな。もしかしたら...

 

「きれいな あおい ぬの。あかい くちびる。ひかる しんじゅの みみかざり」

 

洞察力、といったら大袈裟ですが、絵を見ることで物をよく観察して想像する習慣につながるのでは。

そんな気がしました。

巻末には各ページに掲載されている絵のキャプションがしっかりと書かれていて、とても勉強になります。

 

レッスンの時に楽譜を眺めて生徒に質問をすることがあります。

形としての音楽を見てみると、これまた発見があるかもしれません^^