レンくん&アイちゃん 息を合わせて

発表会まであと3週間ほど。

だんだんレッスンにも緊張感が出てきました。

 

「発表会まであと何日だろう」

「今日弾いたのも良かったけど、もっとよくなるかな」

「今の演奏は何点だと思う」

先生のコメントも本番を意識した言葉に変わっていきます。

 

今日ご紹介するのはアイちゃんとレンくんです。

昨年に続いて兄弟揃っての発表会出演です。

 

それぞれソロを一曲と連弾を一曲練習中で、連弾はロシアンピアノスクールから「森の中の少女」を選びました。

ちょっぴり哀愁を帯びた美しいメロディーなのです。

 

ロシアンピアノスクール。

この中には日本の幼児向け教本ではめったに聴くことがない豊かな心情が見事に描かれていて、子供たちは音楽を通して様々な感情を体験します。

 

連弾ではお姉さんのアイちゃんが弾き始めの合図をして優しく伴奏。

レン君はその伴奏に乗って気持ち良さそうに両手で一本のメロディーをつないでいきます。

 

近くの教室なので、二人だけでレッスンに来ることも。

帰る時は教室前の横断歩道でいつもアイちゃんがレンくんの手を握ります。

仲良し兄弟の息の合った演奏を期待しましょう^^