音は生き物

先日調律師さんと食事をしたときにピアノの部屋と音響についての話題になりました。

 

その話の中で井尻教室の音響は極めて珍しく他に日本では見たことがないとおっしゃっていました。

 

たしかにヨーロッパの石造りの建物で経験するような響き。

好き嫌いがあるかもしれませんが、ピアノの音だけではなく、部屋に反響する「響き」を含めて聴くことができる貴重な空間だと思います。

 

慣れた環境なので普段意識しませんが、けっこう特別だそうです。

 

経験を積むにつれて音に影響を与えるものには敏感になっていきます。

例えば温度と湿度。

 

天気が違うだけでピアノの響きは違ってくるんですね。

 

今の季節は空気がとてもからっとしていて、一年の中ではヨーローッパの響きに近く気持ちのいいピアノの音がします。

 

ただ、今は4月の発表会と5月に開催するコンサートの準備のため、ピアノを聴く時間がほとんど一日ということもよくあります。

ちょっと耳がつかれ気味ということで、気休め程度にピアノにかぶせた布。

雑貨屋さんで購入したお気に入りの柄なのですが...

これが費用対効果大!

単に耳休めのつもりでしたが、この布のお陰で基音のよしあしが分かりやすくなって音の指導をする際に一役かっているのです。

 

音はまるで生き物。

 

調律が変われば、部屋が変われば、天気が変われば。

そしてこちらの気分まで変わってしまえば...

とらえどころのない、奥深い世界ですね。