開演!音楽の贈り物①

さて、いよいよ開演クリスマスコンサート「音楽の贈り物」

 

トップバッターはナビゲ―ター役の西村さんからです。

 

ピアノとヴァイオリンの歴史から、楽器の基本的な構造まで分かりやすく解説しています。

 

実際にストラディバリや西村さんのヴァイオリンにも使われているイタリア産のスプルース材が登場し、お客さんは手に取って感触を確かめている様子。

間もなく演奏がスタート。

 

ヴィヴァルディのコンチェルトグロッソは壮大でシリアスな性格を持ち合わせた、イタリアバロックの傑作です。

 

冒頭とあって会場に漂う張りつめた緊張感...

 

ドラマティックな1楽章。甘美な2楽章。疾風のごとく駆け抜ける3楽章。

 

いつもながらお二人、エネルギッシュでスリリングな演奏でした。

続いて、モーツァルトのソナタ KV.521

この日一番の大曲といっていいでしょう。

 

モチコ講師の息の合った連弾です!!

 

その後続く、ロマンティク、ポピュラーの名曲の数々...

 

お客さんもすっかりリラックスしているようで、会場は温かい雰囲気に包まれていきました。

 

アレクサンドル先生、ヴァイオリンを高くかかげて西村さんの楽器を賞賛しておらてますね。