ピティナ課題曲 2016(C級)テクニック難易度

ピティナピアノコンペティション2016年度、C級課題曲ではバロックにインベンションが登場します。

15曲、どれをとっても素晴らしい内容ですから一曲を選ぶのは難しいですね。

個人的には13番、14番、15番、4番、6番あたりが好きですし、コンクールでもよく選曲しています。

インヴェンションの難易度判定は省略させて頂きます。

⑤ポリフォニーの奏法はすべてCランクでしょう。

同じバッハのフランス組曲5番ガヴォットに比べると、ポリフォニーの奏法はずっと難しいです。

 

古典派の課題曲には定番のハイドン、モーツァルトに次ぐ第三の選択肢としてドゥシークが出ています。

「ドゥシェック」の読み方で慣れているので、少し違和感がありますが...

チェコ、ボヘミア地方生まれの作曲家です。

同じクラシック時代のクレメンティ、クーラウと並んでソナチネが有名。

 

ベルトミュー作曲の「気まぐれなろば」は何度かレッスンの課題に選んだことがあります。

勢い、音量、パワーが必要。

「カイエ・ドゥ・ルモワンヌ1巻」に掲載されています。

このアルバムには他にもフランスのとても雰囲気の良い曲が集められていて、おすすめです。

 

A=易しい B=中くらい C=難しい

時代様式 作曲家名 曲名 ①指の独立・俊敏性 ②親指・手首の柔軟性 ③重音・和音の奏法 ④歌唱的な奏法 ⑤ポリフォニーの奏法
バロック J.S.バッハ インヴェンション  -  -  -  -  -
  J.S.バッハ フランス組曲5番 BWV.816 ガヴォット  A   A  B  B  B
  T.シルコット サラバンド  -  -  -  -  -
クラシック ドュシーク ソナチネ ト長調 Op.20-1 終楽章  B  B  A  B  A
  W.A.モーツァルト ウィーンソナチネ第6番 第一楽章  B  B  A  B  A
  ハイドン ソナタ Hob.XVI/27 第1楽章  C  C  B  B  A
ロマン ヘラー なだれ Op.45-2  C  C  B  B  B
  グリエール 前奏曲 Op.31-1  A  B  B  C  C
  ショパン マズルカ第5番 Op.7-1 変ロ長調  B  B  B  C  B
近・現代

マルク・ベルトミュー

気まぐれなロバ  B  B  C  B  B
  プロコフィエフ バッタ(きりぎりす)の行進 Op.65-7  C  B  A  B  A 
  香月修 スペイン風ワルツ  B  B  B  C  B
  金井秋彦 スケルツォ  -  -  -  -  -
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ