三善晃 子供のためのピアノ曲

ピアノは西洋の楽器だから、邦人の曲ってあまり弾かれないですよね。

発表会やコンクールのプログラムをめくっても、カタカナの作曲家ばかりがずらりと並んでいます。

 

昨年の大発表会では三善晃:音の森から「三度のワルツ」を弾いてくれた女の子がいました。

 

時々聞こえてくる7度の響きに哀愁があって、三善的だなと感じます。

 

三善晃は日本作曲界の巨星。

ピアノ曲も実はたくさん書いている。

 

オーケストラ曲をアクロスで聴いたことがありますが、暗〜いイメージが...

 

戦争体験が音楽の根幹である以上、彼の音楽がまとっている空気には一種のやりきれない苦痛が含まれているのは間違いないでしょう。

 

でも、三善晃が子供のためにピアノ曲を書いてくれたのは有り難いこと。

そして、日本のピアノ教育界において大きな功績ですね。

 

今年の発表会では海の日記帳から「波のアラベスク」を弾いてくれる生徒さんがいます。

けっこう難しいので、必死に練習中!!

最近また、パラパラと三善の曲をめくっています。

 

いい曲ないかな〜と楽譜を探すのは楽しみです♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ