スタインウェイ社ピアノ工場 & 楽譜出版社訪問

一週間のヨーロッパ視察旅行も最終日を迎えました!朝9時にスタインウェイ社のハンブルグ工場入り口で待ち合わせ。たくさんのKlavier Bauer ピアノ職人達がタバコとコーヒー片手に仕事始めの一服をしています。おおよそ繊細な技を備えていなさそうな、腕っ節の太い男たち。タトゥーをいれている人も多いです。ドイツのピアノ職人のほとんどはLudwigbergというヘッセン州の小さな街のピアノ職人養成所で学ぶそうですが、スタインウェイでは一からピアノ職人を育成するプログラムがあり、三年半の修業を経てスタインウェイ工場で働くプロフェッショナルになる人もいるようです。この日工場を案内してくれた方もその一人で、とても親切で真面目な女性でした。マイスター制度の面影がピアノ作りにも残っています。
工場内は撮影できません。二時間に及ぶ見学の後、案内人のアンゲリカさんと。ほぼすべての工程を見せてもらいましたが、伝統的な手作りの工法は脈々と受け継がれているようでした。工場から連想されるベルトコンベア的な景色はなく、使い込まれた設備のなかで職人達がそれぞれの持ち場で黙々と作業しています。最終的なサウンドチェックはホールで行なわれ、4人の技術者によって厳密にテストされます。大ホールで力を発揮するスタインウェイのこだわりですね。
午後からは出版社との打ち合わせでした。内容はまだ詳しく書けませんが、持ち込んだ企画に対して最良の返事をもらうことができました!長い道のりの入り口に立ったばかりで、これから幾つも問題を解決していかなくてはなりません。でも、一つ一つ仕事を積み上げていくスタイルはドイツ人の得意とするところ。少しずつ夢が広がります^ ^ 写真は最終日、ハンブルグ港の夜景です。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ