クリムトとブリューゲルの絵&ウィーン楽友協会

ウィーンの美術館で楽しみにしていたのは、クリムトとブリューゲルのコレクションです。クリムトの「接吻」はウィーン観光のハイライトの一つです。クリムトが辿り着いたのはハプスブルクの栄光を偲ばせるような金箔、銀箔の色調。カメラは禁止だったのでお伝えできないのが残念ですが、凄くインパクトがありました。好みではないけれど、他にはない独特な世界観に圧倒されます。写真は左から、歴史博物館の天井。中央がブリューゲル。16世紀の絵とは思えない面白さですね。人の仕草の描写が楽しい。右は歴史博物館のとある部屋です。絵がたくさん!
世界最高の音響を誇る楽友協会ホールの演目はウィーントーンクンストラーオーケストラによるラフマニノフ作曲、ピアノコンチェルト一番とドボルザーク作曲、シンフォニー八番です。明日は内田光子のピアノリサイタルだそうです。演目はともかく音響と内装は気になります。オペラ座の時と同じく、行き当たりばったりは旅先でも本領を発揮。30分前にチケット売り場へ駆け込みます。残っていたのは、舞台が全く見えない14ユーロの席、舞台の一部のみ見える18ユーロの席、舞台が正面から見える5ユーロの立ち見。三通りから究極の選択を迫られ、立ち見をチョイス。「折りたたみか、ベンチくらいあるんでしょ?」ドイツではたいてい簡素な腰掛けがあるのだけど、ウィーンにはないようです。貴族文化はその辺容赦ないですね。演奏は結構良かったけど流石に疲れました。Stehe Platz 立ち見席。ホントにずっと立たされたのは生まれて初めてです^^;
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ