ウィーンの楽譜店 & 国立オペラ座

ウィーンの街中にある老舗楽譜店を訪ねると、モチコピアノスクールでお馴染みの赤い教本がありました!オーストリアでも広く使われているそうです。ウィーンで三泊した後、この楽譜の出版社を訪問します。ブレーメンを散策中に見つけた小さな楽譜店にはこの教本の新しいシリーズが置いてありましたよ。お店の人にEuropoelischeKlavierschule-ヨーロッパピアノ教本-という広く親しまれている教材もあると教えてもらいました。ページをめくると、初めに黒鍵遊びから入る斬新なメソッドです。こちらも持ち帰って研究したいと思います!大収穫!
夜は憧れのウィーン国立オペラ座へ。当日券でマスネのオペラ「マノン」のチケットをゲットしました!フランスらしいamourな世界観でクラクラしてきました(*_*) が、見てください!この豪華絢爛なオペラ座の雰囲気。この階段を上がるだけで特別な気分になります。でも当時は建築や演目が酷評され、設計士が自殺するなど波乱の歴史があるそうです。世界屈指の歌劇場オーケストラを持ち、小澤征爾さんが芸術監督を務めたことも有名ですね。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ