カイ君&シュウ君 双子のピアノレッスン

今日は双子の兄弟、カイ君とシュウ君のレッスンをご紹介します。

もうすぐ5歳の男の子たちです。

 

レッスンを始めてまだ一ヶ月ですが、

さっそくカイ君は「蝶々」を、シュウ君は「ヘンゼルとグレーテル」の曲を披露してくれました♪

お見事!!

 

双子のレッスンってどうやって進めるのでしょうね?

 

そっくりな二人はピアノを始める時も一緒でした。

でも、得意な所と苦手な所は違うし、それぞれに個性もあります。

なので、まずはテクニックとレパートリーの個人レッスンを丁寧にして、

その後、ソルフェージュを二人一緒に進めています。

最後はご褒美のバッハでした。これにはお母様も歌って参加!

 

モチコピアノスクールでは、まず音感の基礎を丁寧に作っていきます。

二人ともリズムの理解は順調で、音程の識別は5音(ド〜ソ)まで、安定しつつあるそうです。

カイ君もシュウ君も、とにかくよく歌っていましたね♪

そして、お話を聞く時のまっすぐな目がとても印象的でした。

 

双子の男の子であるということ、それから、二人のお母様がドイツに縁があるということで、

先生は以前から研究していたある輸入教材を初めて使っています。

 

一体何でしょう!?

この◯秘教材については、またの機会にご紹介したいと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ