ブログカテゴリ:いろんなこと



2019/05/25
クイズです!4人の偉大な作曲家達の肖像画、誰だか分かりますか。 室内楽とオーケストラにスポットを当てた2日間の名曲の旅です。 九響と白石光隆氏(ピアノ)の共演。 子供と一緒に聴くコンサートにおすすめです。 室内楽編 6月9日(日)15時〜宗像ユリックス オーケストラ編 7月6日(日)15時〜宗像ユリックス...
2019/04/27
国立音楽大学から楽しそうなオープンキャンパスの案内が届きました。 昨年、スクール出身の生徒が進学した縁もあって、どんな学校なのか気になるところです。 AI時代を生きる世代にとって、何を学んで、どんなスキルを身につけるのか。 ワクワクする反面、悩ましくもあります。 機械やAIに出来る事は任せて、人間はもっと人間らしく生きる。...

2019/04/27
往年の巨匠ルービンシュタインによるショパンコレクション。同じショパンの作品でも弾き手によって全く違って聴こえるのが不思議ですよね。弾き手の解釈や個性を通して作品に触れるのもクラシックの楽しみです。数多あるショパンのアルバムの中から揺るぎないベスト・オブ・ベスト。2019 ショパンコンクール in...
2019/04/05
4月に入り福岡はすっかり春の陽気に包まれています。このところお天気にも恵まれて、今年は少し長めに桜を楽しめたのではないでしょうか。これから列島が春一色に染まり、入学式、改元、GW連休も控えていたりして、しばらく祝祭ムードが続きそうですね。...

2019/02/04
絵になる歌手、マリア・カラス。レッスンでもときどき流しています。トスカの「歌に生き、恋に生き」なんて、この世に生まれたからには聴いておきたい一曲。 天才ゆえの波瀾万丈の人生。 ドキュメンタリー映画がKBCシネマで上映中です。
2019/01/28
モチコピアノスクール専属の宮木先生が英国音楽院検定を初受験され、見事、理論検定の5級に合格しました!子供でもしっかり準備すれば取得可能な内容ですので、今後、受験対策も行なっていきます。最初の受験で取得できるのは1〜5級までで、5級取得後から6級が受けられるようになります。イギリスでは一般の方でも素養として受験するケースも多いそうです。音楽の理解をより深めるよい機会になればと思います。ご興味のある方は是非ご相談ください。

2018/12/08
ヴィヴァルディ、クープラン、バッハ。 バロック後期に活躍した巨匠達の音楽を12月21日の「音楽の贈り物」で取り上げます。 それぞれイタリア、フランス、ドイツとお国柄も様々な中で独自のスタイルを確立していった作曲家たち。...
2018/10/27
ひとくくりにクラシック音楽といっても時代ごとに様々なスタイルがあります。 例えばモーツァルトとベートーヴェンは「古典派」と呼ばれていて、ショパンは古典派の後に続く時代「ロマン派」に属する作曲家です。 ①バロック②古典派③ロマン派④近現代 ピアノ曲はおおまかにこの4つの時代様式に分けることが出来ます。...

2018/05/07
長きに渡り日本のピアノ教育に大きな影響を与え続けているブルクミュラーについて、あなたはどれくらい知っていますか。 今回のセミナーでは日本におけるピアノ教育の受容史について触れながら、ブルクミュラーの魅力を再発見し、レッスンでの活用法について解説します。 指導者の方はもちろん、親御様のご参加もお待ちしています。 6/13(水)11:00-12:00...
2018/03/19
ねむれ ねむれ ははのむねに ねむれ ねむれ ははのてに 日本で子守唄として親しまれているこのメロディ。 実はシューベルト作なのです。 皆さんは知っていましたか?(私は初めて知りました) 録音してみましたのでお聴きください!

さらに表示する