クリスマス発表会 心の成長が大切

二学期の終業式を迎え、ほっと一息です。

子供達はサンタクロースのプレゼントを楽しみに眠りについたでしょうか^^

 

昨日は毎年恒例のクリスマス発表会を無事終えました。

みんな日頃の練習に加えて、冬休み前にもうひと頑張りしました。

 

ご家族、お友達にもたくさんお越し頂き、出演者たちはほどよい緊張感のなかステージ経験が出来たと思います。

ありがとうございました。

幼いながら緊張する子もいれば、普段の練習より本番が大好きな子も^^

 

レッスンでは気がつかなかったところが、本番を通してふと見える時があります。

 

技術的なことだったり、精神的なことだったり。

最近は特に子供たちの精神面をよく観察するように心がけています。

 

本番の一週間前、練習の調子はどうだろう。

舞台袖では緊張しているかな。

自己紹介と曲名を言う時の様子は...挨拶の仕方は...間違ったときの反応は...

 

成長の過程でいろいろな気持ちの変化があると思いますが、ピアノの音はそれをよく語ってくれます。

11月に合唱の伴奏を任された生徒さんは、驚くほど自信をつけていました。

 

コンクールに初挑戦した生徒さんは曲を丁寧に仕上げるようになりました。

 

人前に出るのは難しいかな、と思っていたプレコースの子。

 

意を決して手を引っ張って連れ出したら、そこから最後まで弾き通し、にこっと笑っていました。

練習不足の方は...来年はビシバシ!鍛えねばなりませんね!!

 

今年もメリークリスマス♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

【ヨーロッパのピアノ教育に学ぶ】スキルアップ講座を終えて

先生向けのスキルアップ講座開催!

外部の先生方もお招きしての初めての試みでしたから、喋りも少し緊張しましたが、何とか終えました^^;

 

何とな〜く自分の中で話す内容はまとまっていたのですが、いざ聞き手に伝えられるように、論点をまとめ始めると意外と難しいことが判明します!

昨日の夜中までレジュメと譜例の編集に追われることに...^^;


講座の内容は、ドイツ語圏で幅広く使用されている伝統的な教本「DIE RUSSISCHEKLAVIERSCHULE 1」の収録曲を分析して、ヨーロッパのピアノ教育の理念やメソッドについて学ぼう、というもの。

私がレッスンを行う上で大切にしているポイントはヨーロッパの音楽教育に由来している所が多く、福岡のピアノの先生方にもご紹介したいと常々考えていたのです。

 

ヨーロッパの音楽教育はアメリカや日本の教育産業とは対照的な立場をとっていると思います。

その教育の柱は音楽性と技術の両立です。

「幼い子供が弾く易しいメロディーも、音楽的に弾かれるべきである。

そのためには、どうレッスンしたらいいだろう?」

講座ではこの最初の問いに対して、教本を分析しながら答えていきます。

 

参加された先生方はとても意欲的に議論に加わって下さいました。

教本の是非について「良さは理解できるけれど、幅広く導入するには難しそう」「先生の技量が試される」「思い当たる生徒さんがいるので、試してみたい」など、感想は様々。

 

私にとっても、いい勉強の機会になりました。感謝♪

来年度にも講座を開催したいと思います。

ご興味あるピアノの先生・親御様はお気軽にお問い合わせください!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

生徒さんからの手紙 from 北海道 and Paris!

4月に転勤のため北海道へ引っ越した生徒さんからお便りを頂きました♪

 

モチコピアノスクールの一期生だった双子の兄弟。

4歳でピアノを習い始めた当初から、しっかりと意思をもった子たちで、発表会の曲選びの時などは「これが弾きたい!」と譲らなかったのをよく覚えています。

 

お母様も大変な音楽好きです。

バッハやシューベルトの曲を熱心に練習されており、子供たちの後にはお母様のレッスンをさせて頂いていました。

新天地で新しいピアノの先生のもとスタートし、元気に頑張っている様子。

そしてなんと!先月開催されたスタインウェイジャパン主催のピアノコンクール北海道大会で、見事受賞したとのことでした^^

 

初めてのコンクール挑戦を経て、また一回り成長したようです。

添えてあった写真はすっかり少年の顔^^

こちらはパリへ留学中の生徒さんから。

音楽と装飾の関係について研究すべく、大学の修士課程に在籍しながら自身の道を歩まれています。

 

いつもピアノが大好きなことが伝わってくる素敵な演奏をされていたのが印象的でした。

 

センスの良さも彼女ならでは。

アーティスティックな絵葉書からはパリの香りが... tres bien〜!

 

みなさん、スクールを離れた後もそれぞれの場所で夢を追っています。

生徒さんの活躍が何よりの励みです!さあ、頑張ろう!!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
1 コメント

イタリアンバロックLive!福岡出身のリューティスト太田さんが演奏

現在ドイツ、フランクフルト在住のギター・リューティスト太田耕平さんが久しぶりに帰福され、コンサートを開催されました♪


クラシックギターを学ぶべく7年間をイタリアで過ごし、その後はリュートやバロックギターを専門にフランクフルト音楽大学で研鑽を積んだ国際肌の音楽家です。

同時期に私もドイツとオランダで過ごしていたので、お互いの留学先を訪ねた事もあり大変懐かしい思いで昨日のコンサートを聴きました^^

そして、そのコンサートのコンセプトと質の高さに感激!!


もともとバロック音楽が好きだったこともあって、コンサートの案内を頂いた時には「これは聴きたい!」と思いました。

そして、今回はバロックの中でも日本で取り上げられることが極めて少ない初期イタリアバロックにスポットをあてたコンサート。

中国出身、フランクフルト在住の素晴らしい演奏家、キュイ・ホンシャさん(バロックバイオリン)リー・ファンさん(バロックヴィオラ・ヴィオリン)との共演です。


プログラムの紹介文から引用させて頂くと、初期バロックは《「分かりやすく」「より人間らしい」音楽》が花開いた時代だったそうです。


コンサートではスクリーンの配色、衣装、トークなど、ささやかな演出が施されていて、そのちょっとしたこだわりが音楽を新鮮で鮮やかなものに引き立てていました。

曲はほとんど無名といっていい作曲家によって書かれています。

ところが、どの曲も実に生き生きとしているのです!

一人の芸術家の作品というよりは、当時の人々が喜怒哀楽のままに歌い踊っていた姿が浮き彫りなる音楽。

久しぶりに聴く太田氏のギターも絶好調!


「イタリアンバロック LIVE」

新しい音楽の愉しみを発見した一夜となりました。

福岡市東市民センターホールにて、小学一年生の生徒さんも一緒に(写真)。

アンコールでは一緒にメロディーを口ずさんでいましたね^^

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

教材作りに熱中!

秋のトライアルにやって来る3〜4歳の子供たちのために、ゲーム感覚で取り組める教材作りをしました。

 

年中になるまではレッスン時間にピアノをたくさん弾くことは難しい...

そこで、このようなマグネットやフラッシュカードも導入して譜読みのための準備をします。 

真っ直ぐ5線を引くにはどうしよう?線の間隔はどれくらい?

小学生に戻って考えて作成中〜^^;

子供が見やすいように、なるべくシンプルに。

教室の大きな白壁はマグネットがくっつく仕様になっているので、ペタペタ貼って遊びます^^

新入生の皆さん、お楽しみに〜!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

冬のアドバイスレッスン

アドバイスレッスンは普段のピアノレッスンから一歩前へ進みたい方、セカンドオピニオンを受けたい方におすすめです。ショパン国際コンクールin Asia、日本バッハコンクールなどのピアノコンクールに参加される皆さんは是非ご検討下さい。

 

課題曲例)

ショパンコンクール in Asia 地区予選

3-4年

グリーク:妖精の踊り

ブルグミュラー:貴婦人の乗馬

ショパン:ワルツ op.64-1

ショパン:マズルカ op.67-2

シマノフスキ:クラコヴィアク ヘ長調

モシュコフスキ:タランテラ

オギンスキ:12のポロネーズ

 

日本バッハコンクール  地区予選

5-6年A

バッハ:プレリュード

L.モーツァルト:メヌエット

バスティン:ポロネーズ

ミュゼット

 

5-6年B

C.P.E.バッハ:ソルフェージェット

バッハ:ガヴォットBWV.816

 

...etc

 

担当講師:望月未希矢

会場:警固教室 井尻教室

開催期間:11/7~1/31 *レッスン日はご相談に応じます。

レッスン料金:5,000円 *レッスン当日のお支払い。一時間程度のワンレッスンです。

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

11/19(木)藤島彩先生が出演する室内楽コンサート

芸術の秋。

木々が赤く染まり始め、穏やかな晴れ間が続いています。

落ち着いて音楽に耳を傾けるのには最高の季節ですね。


11/19(木)あいれふホールにてモーツァルトとチャイコフスキーのピアノトリオを一夜で楽しむコンサートが開催されます。

「偉大なる芸術家の思い出に」

ウィーン古典派の天才とロシアロマン派の巨人!?

二人の個性的な作曲家を対比させた、意欲的なプログラムです。

 

なんと、今年の2学期からモチコピアノスクールで教えている藤島先生がピアニストとして出演されます♪

 

子供たちにはこの機会にヴァイオリンやチェロの音色にも触れて、ピアノとのハーモニーを体験して欲しいですね。

いつもより少し夜更かしもオッケ〜、家族でお出かけしてみてはいかがでしょう?

 

三上亮(ヴァイオリン)金子鈴太郎(チェロ)お二人とも国際的なキャリアを踏んだ実力派です。

藤島先生との息のあったアンサンブルに期待が膨らみます!

 

学生券は1500円!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

福岡近郊にお住まいのピアノ講師の皆様!スキルアップ講座と座談会を開催します

モチコピアノスクールではこの度ピアノの先生向けのスキルアップ講座を開催します。

先生向けの講座をするのは今回が初めて^^;

経験豊富な皆さんの前で少し緊張しそうですが...頑張ります!

 

テーマを「ヨーロッパのピアノ教育に学ぶ」と、大きく設定したのですが、決して難しい内容ではありません♪

モチコピアノスクールではドイツをはじめ、ヨーロッパ圏で幅広く親しまれている教材や指導法から多くのアイディアを得てレッスンを構成しています。

ヨーロッパの教材からピアノ教育の大切なポイントを汲み取って、レッスンの現場でどのように生かすことができるのか、皆さんと考えます。


会の後半には「ピアノの先生 座談会」を予定しています。

練習嫌いな生徒への接し方

コンクールの選び方

生徒募集の方法

発表会の運営

etc...

 

毎日一人で奮闘しているピアノの先生にとって、悩みは尽きないことでしょう...

この機会に実践的な意見をみなさんで交換しましょう!

 

11/26(木)11:00〜12:30

会場:モチコピアノスクール 警固教室

前半「ヨーロッパのピアノ教育に学ぶ」講師:望月

後半「ピアノの先生 座談会」

参加費無料

 

参加申し込みはこちらからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

12/12《めんたいワルツ》出演者募集 クリスマスパーティーあり♪

みなさん、こんにちは!

三連休明けの火曜日、今日はきれいな秋晴れの空でしたね。

これからどんどん秋が深まって行きそうですね〜、落ちついて映画や音楽を鑑賞したり、美味しいものを食べたりと楽しみが多い季節です。

と、そうこうするうちに年末が近づいてきます。

皆さんの予定も少しずつ埋まり始めているのではないでしょうか。

 

さて、12/12(土)には第六回目を迎えます《めんたいワルツ》が開催されます。

10月に入ってから出演エントリーも集まってきておりま〜す^^


めんたいワルツは色々な楽しみ方ができる自由な交流会です。

練習の成果を発表する場としてもよし、アンサンブルを楽しんでもよし。

聴くだけでも、もちろんオッケー。

クリスマスソングで雰囲気を盛り上げてくれるエンターティナーも大歓迎で〜す!!

 

演奏会後にはけやき通り周辺のお店でパーティーを予定しています☆

お気軽に、ご参加下さい。

 

第六回《めんたいワルツ》

12/12(土)19:00スタート

会場:ベニールカフェ 福岡市中央区警固2-18-13(けやき通り沿い)

参加資格:楽器を弾く人、聴く人

定員:25名程度

参加費:1,500円(コーヒー&クッキー付き)

フェイスブックファンページ


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

17th ショパンコンクール オンエアー中

2015年。いよいよワルシャワのショパンピアノコンクールが始まりました。

5年に1度の世界最高峰の国際コンクール。

これでにアルゲリッチ、ポリーニ、ツィメルマンなど名だたるピアニストを輩出してきた、あの「ショパンコンクール」です!

数々の国際コンクールが設立されその価値が薄れていくなかで、ショパンコンクールは今でも特別なステータスを維持しています。

ショパンは日本でもこよなく愛されている作曲家ですが、未だ優勝者は出ていないんですね〜。


ワルシャワでの選考には20カ国から80名の若いピアニストたちが選ばれています。

日本からは12名のピアニストが予選を通過し、リサイタルステージ1に登場するそうです^^

世界の舞台で演奏されるショパンって?

気になりますね♪


今ではなんと、ライブ中継をYouTubeで観ることが出来るんです!

ピアノを習っているみなさん、ワルシャワで弾いている気分でご覧ください♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ソルフェージェット 日本バッハコンクール課題曲 5-6年B

バロック時代の曲ってロマンがあって素敵だな〜と思います。

文字通りのロマン派時代では芸術家その人の個性が作品に投影されていますが、バロック時代では多くの職業音楽家たちが様式の中で自由に音を操り、酔いしれ、楽しんでいたのだろうと思いを馳せるわけです。

初心者でも親しめるものが、探せばどんどん出て来るのも魅力です。

まさに王道とされるバッハのインヴェンションの他に、全音楽譜から出版されている「プレインヴェンション」はレッスンで重宝しています。

J.S.バッハ、C.P.E.バッハ、W.F.バッハ、モーツァルト親子、ヘンデル、テレマンなどの大御所はもちろんのこと、ネーフェ、トュルク、キルンベルガーなどによるバロック時代の小曲が収められているアルバムです。

どれも短く上品で、ヨーロッパ宮廷の雰囲気をまとっています。

 

只今、第六回バッハコンクールの課題曲にも選ばれたソルフェージェットを勉強中。

私が持っていたドイツ製の楽譜にはソルフッジョ(イタリア語であろう)と書かれていますが。

どうなまって「ソルフェージェット」になったのかは...疑問^^;


ソルフェージュという言葉にいくぶん「練習」「訓練」といったニュアンスを感じるのは私だけでしょうか。

テクニック面では指の俊敏さと強さが必要な曲ですから、恐らくその意味でのタイトルだったのでは?

 

曲想はトッカータ風。

組曲中で用いられるとすれば、オープニングが最も相応しいであろうダイナミックで技巧的な作りになっていますね。

 

コンクールに限らず、普段のレッスンでも非常に有益な課題になると思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

お絵描きで譜読みの練習

習い始めたばかりの4歳の男の子。

ピアノの椅子に座り鍵盤を使っての練習が終わったら、大好きなお絵かきの時間ですよ〜♪

 

今日はみんなのお家を作ります。
一階は何の部屋、小さい部屋はいくつある?
いろいろな質問に元気に答えて楽しそう!
指がまだ弱くて鍵盤が押せなくても譜読みの練習は4歳からスタートします。
2ヶ月目でド〜ファまで、いろいろな順番で書いて歌えるようになりました。
このように3-4歳からのピアノレッスンではお絵かきをしながら、数、形、平面上の位置関係などを学んでいます。

お母様はピアノを始めるにあたり、集中力が続くかな・・・と心配があったようですが、次第にピアノの前に座る時間も長くなってきました。
あと一息で波に乗れそうですね♪
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ショパンコンクール in アジア 3・4年課題曲(モシュコフスキー作曲:タランテラ)

ショパンコンクール in アジアの課題曲について少し解説してみましょう。

3・4年生部門ではショパン:子犬のワルツop.64-1がリストに入っていましたね。

みんなが知っている名曲。

弾いてみたい子も多いのでは?

子犬のワルツは手が小さくても上手く弾けますし、ショパンらしいエレガントな表現を学ぶのにはいいですね。技術面では特に右手の俊敏さと左手の伴奏法が鍛えられます。

他にも素敵な曲がありますが、技巧的かつ聴き映えがするという理由でモシュコフスキーの「タランテラ」を選曲する参加者が多いかな。

タランテラ、見てみましょう。

冒頭にPrestoと書いてある通り、かなりアップテンポで弾くことが必要です。

手拍子を打つとしたら、2拍子ではもたつきますので、小節ごとになります。

そう、とても速いです!!

速さに自信がある子でなければ、この曲は避けた方が賢明ですね・・・

速く、con fouco 火のように!

スタッカートが書かれている八分音符は短く強く打鍵します。

この半音階の八分音符がビートとなって指が転ばないようにリズムを引き締める役目をします。

丁寧にゆっくり練習しましょう。

右手の連打は詰まらないよう指先で速くはじきます。(鍵盤の戻りが悪いと弾きにくいですね^^;)

5と7小節にはドミナントのコードがみられます。

アクセントペダルと併せて和声を意識し、V-I-V-I の進行を上手く出します。

ペダルは打鍵と同時に踏むペダルで、急速なパッッセージのベースにはよく使います。

このタランテラはアクセントペダルが必要な典型ですね。


譜例にはありませんが17小節目以降はシンコペーションのリズムが入ったメロディー、33小節目以降はffにアクセントのついた強烈なパートが出てきます。

65小節目以降の中間部はテンポを保ったまま、いたずらっぽいニュアンスに変わります。

リズムが難しそう・・・

曲を通して非常に明瞭なタッチで、次々に技を繰り出していくようにセンスを発揮して弾くとバッチリ〜!!


タランテラはイタリア発祥の舞曲。

八分音符の連続からはイタリアらしいはっきりとした言葉の発音が感じられますよね。

まくし立てるように速く!そんな、挑発的なところも魅力ですね♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

小さなピアニストのための小曲集〜ショパン時代の作曲家達〜

「ショパンコンクール In アジア」の準備のために、新しく楽譜を購入^^

今年はモチコピアノスクールからも高学年生たちが参加することになりました。

ツィメルマンの先生として知られるヤシンスキ教授が監修したポーランドの小曲が集められています。

遅いテンポの曲、速いテンポの曲がバランス良く配置されていて、マズルカやポロネーズの他にタランテラ、メヌエット、コルトダンス?など舞曲のスタイルも豊富ですね。

ポーランド的な情感を若いうちから体験できる素晴しい内容になっています。

 

多くのピアノ学習者がショパンをきっかけにポーランドの心に魅せられると思います。

私もショパンを初めて弾いたときには、これまでに感じたことがない憂鬱な雰囲気とピアノの響きの華やかさに感激したものです。

子供たちにもショパンのエスプリを感じて欲しい!とはいっても、ショパンの曲ってある程度の難易度があるのでそう簡単にはいきません^^;

マズルカかワルツのどれか、、うーん難しい。

この楽譜には子供たちでも手が届きそうな良曲がいくつも収められているのが嬉しいですね。

ショパンコンクールを受ける目的だけではなく、日頃のレッスンの課題にも取り入れたいと思います☆

 

【ポーランド小品集収録曲】

1.ポロネーズ(オギンスキ)

2.マズルカ(オギンスキ)

3.コルトダンス(マリア・シマノフスカ)

4.ガドリーユ(マリア・シマノフスカ)

5.ポロネーズ(マリア・シマノフスカ)

6.ポーランド舞曲(マリア・シマノフスカ)

7.ショパン風マズルカ(クログルスキ)

8.ポロネーズ(モニウシュコ)

9.受け答え(レシュテツキ)

10.ロマンス(レシュテツキ)

11.メロディー(ザレンプスキ)

12.タランテラ(モシュコフスキ)

13.メヌエット(モシュコフスキ)

14.古風に(スタトコフスキ)

15.クラコヴィアク(カロル・シマノフスキ)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

福岡女学院のバッハ音楽会

夏休みもあと少しとなりました。

皆さん、新学期の準備は整いましたか?


8/30(日)13:00 アクロス福岡にて福岡女学院主催バッハ音楽祭が開催されます。

入場無料

 

夏休みの最後に、子供たちとお出かけしてはいかがでしょう。

福岡女学院の学生さんを中心に、ピアノ、合唱、ハンドベル、ヴァイオリンなど色とりどりのコンサート。

もちろん、ピアノ独奏は気になるところですが、ハンドベルも聴いてみたいですね〜^^

ハンドベルはスクールのイベントでもいつかチャレンジしてみたいな〜と思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

音楽専門コース 開設(実技&ソルフェージュ)

夏休みも半分が過ぎましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

学校の勉強と合わせてピアノの練習を頑張っている子供たちも多いでしょう。

モチコピアノスクールではこれから音楽を専門的に学ぶ子供たちをサポートしていきたいと考えています。

 

先週、夏のソルフェージュ体験クラスでアンケートをとったところ、高学年生では毎日平均1時間以上の練習をしていると答えた生徒さんが多かったです。

昨年から専門コースに通っている生徒さんは、日頃から毎日平均2時間以上の練習時間を確保して頑張っています。

 

音楽専門コースでは実技60分(個人) とソルフェージュ60分(グループ)のレッスンを年間42回予定しています。

*週に2回、固定曜日のレッスン

 

ピアノを弾くのが好き!もう少し、専門的なレッスンを受けてみたい!という方は是非ご検討ください。

仮に音楽学校の受験を視野に入れた場合は、遅くとも小学校高学年頃から専門的な内容のレッスンを受ける必要があります。

音大に行かない場合でも、音楽の知識とピアノの技術を深めることは豊かな教養にもつながるかと思います。

 

ご入会までの流れ

 

1.【お問い合わせ】

お問い合わせフォーム、またはお電話で体験レッスンの日時をご相談ください。

TEL: 092 574 6325

 

2.【体験レッスン】

45分の実技レッスンの後に面談のお時間を頂きます。

*料金 3,000円

 

3.【ご入会・ソルフェージュクラス分け】

9月以降にレッスンがスタートします。


音楽専門クラスの授業料

小学校高学年 月額 23,220円(60分の実技とソルフェージュ込み)

中高生    月額 25,920円

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

熱い夏休み ピティナC級地区本選へ

暑い日が続きますね〜^^;

昨日は大濠公園の花火大会でしたから、子供たちもいろいろなスポットから花火を眺めたそうです。

今日も相変わらず、外へ出て2、3分歩いただけで汗が流れ出てきました。

そんな中、スクールの生徒さんたち!休まず通ってくれています。

練習も普段より多めに!感心、感心^^

 

夏のソルフェージュクラスが土曜日に2クラス立ち上がって昨日が初日でした。

戸惑って泣き出した子もいましたけど^^; 滑り出しは、まずまずです。

日曜日のレギュラークラスは小学生ながら流石の貫禄。

集中力が安定しています。

 

ピティナのコンクールをはじめ、ドルチェコンクール、グレンツェンコンクールなどで頑張っている生徒さんたちも。

モチコピアノスクールでは小学校高学年頃になると、子供たちの表情が引き締まってピアノもぐっと上達してきます。

 スクールとしてはコンクールを奨励してはいませんが、経験することで大きく成長するケースもあります。

特にピアノを習うことに主体性が出てくる高学年からですね。

今年は数名が「挑戦したい!」と日々頑張っていましたから、先生としても後押ししました!

 

みんなコンクール準備期間で過去最高のモチベーションを発揮してくれたのが何より嬉しかったです♪

只今、ピティナの地区本選にむけて2人が奮闘中。

初めて参加して奨励賞に届いた子もいました。

本当によく頑張っています!

 

熱い夏のレッスン、続く...

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

和と洋の融合 ジャズ羊羹を頂きました

ピアノ好きの先生は素敵なプレゼントを頂きました^^

包装が黒、白、赤の帯でデザインされていてカッコいい〜。

 

湯布院のお菓子だそうで、コーヒーにも良く合う羊羹だとか。

なんだか、ワクワクするお菓子!

和と洋が融合した不思議な味。イチジクの酸味がふわっと広がり、それがアクセントになってとても美味しいです!

 

ピアノの練習は頭をよく使うので(使っていると信じたい...)スイーツは欠かせませんね^^


暑い日が続きますが、八月のレッスンも頑張ります!

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

おさらい会が終わり夏休みに突入!

7/20(月)海の日は一学期締めくくりのイベントおさらい会でした♪

 

4月以降に入会された子供たちにとってはモチコピアノデビュー。

夏のコンクールを受ける上級生にとっては大事なリハーサルの機会でもあります。

ちょっとドキドキしている様子でしたね〜。

成長が実感できる一方で、これからの課題もはっきり見えてくるので、学期ごとの集まりはとても大切です。

 

弾く順番はじゃんけんとあみだくじで。

紙のプログラムはありませんでしたから、それぞれマイクを持って名前と曲を自分で紹介してからの登場!

事前練習なしの強行でしたけど^^;

みんな、自己紹介からお辞儀までの流れが個性的なこと。

 

それから、全プログラムが終了した後には、先生が用意した「音楽まるばつクイズ〜!」

ピアノに関する知識や、作曲家、童謡のストーリなどをもとに10問を出題しました。

勉強になる内容だったそうで、親御様たちも「ふむふむ」と言った顔で参加して下さいました。


「キラキラ星」のふるさとはアメリカである。まるか、ばつか。

皆さん分かりますか??


では、「ちょうちょ」はどうでしょう?


童謡には国の文化や教育への価値観が反映されているものが多く、調べてみると面白かったですね。

豪華賞品はありませんでしたが笑、みなさんに楽しんで頂けたようです。

 

パピオビールーム大練習室(福岡市音楽演劇練習場)にて。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

先生のご紹介

お待たせしました^^

8月からモチコピアノスクールに来て下さる藤島先生です!

警固教室でこれからの指導についてのミーティングをした後、写真撮影しました♪

 

福岡市出身。国立音楽大学卒業。イギリス英国王立音楽院修士課程修了。

ロンドンでピアニストとして研鑽を積まれた後、福岡を中心に演奏活動をされている注目の若手ピアニストです。指導者としては、幼児から大人までを対象に「音楽を奏でる喜びをわかちあう指導」を心がけて日々のレッスンに取り組んでおられます。受験生指導、ソルフェージュ対策の実績もありますから、モチコピアノスクールの高学年コース、中高生コースも担当して頂きます。

 

という訳で、、8月より警固教室のレッスン枠が増えます!

火・金の夕方をご希望の方は是非お早めに体験レッスンへお越し下さい。

 

さて、明日は一学期の締めくくり!おさらい会です。

3月の発表会から3ヶ月ほどが経って、その間の成長を実感できる瞬間。

楽しみ、楽しみ♪


【おさらい会】

場所:パピオビールーム大練習室

時間:16時〜18時半

見学自由

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

警固教室 レッスン枠が増えます!

警固教室でのピアノレッスンをご希望の皆様にお知らせです。

 

モチコピアノスクールでは8月より新しくピアノの先生をお迎えすることになりました。

国立音楽大学を卒業され、イギリスの名門ロンドン王立音楽院で研鑽を積まれた若手の先生です。

演奏、レッスンともに素晴しいだけではなく、お人柄がとってもチャーミングな方です^^

先生にはモチコピアノスクールのメソッドを柱に、新しいアイディアを吹き込んでくれるよう期待しています♪

近日中にホームページでご紹介させて頂きます。

 

只今、受付中のレッスン枠は以下のお時間です。

土曜日 14時〜15時,16時以降

火曜日 夕方〜 ご希望に応じて

金曜日 夕方〜 ご希望に応じて

 

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

福岡女学院幼稚園 親子コンサート

先日、福岡女学院で催された「親子コンサート」に誘って頂いたので見学に行って来ました。


幼稚園は学園の敷地の中にあり、緑に囲まれた環境。

園庭も広々として、走り回って遊ぶ子供たちの姿が印象的でした。

校門を通って幼稚園まで新緑のアーケードを通って行きます。

「歩こう♪歩こう♪」と歌いたくなる散歩道。

 

音楽会のプログラムには、トトロの散歩やアナ雪などもあり子供たちは大喜びでした。^^

中にはじっと静かに聴いている子もいて、感心!

 

案内して下さった先生のお話では、この季節には裏山になっているすももを子供たちと食べるそうです。

なんと秋には山で焼き芋もできるのだそうです!


小さなお子さんがいらっしゃるなら、是非一度足を運んでみて下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ピティナ課題曲 B級 手拍子そろえて(クロツキン作曲)

今回はピティナB級の課題曲からクロツキン作曲「手拍子そろえて」を少しだけ解説したいと思います。

ロマン派の課題曲リストはクロツキン、マイカパル、グリークの3曲です。

グリークは言わずと知れた音楽史に名を刻んだ大作曲家ですし、抒情小曲集には優れた作品がたくさんあります。

一方、クロツキン、マイカパルは子供用の練習曲で見かけるくらいですから、果たして人気が集まったでしょうか。

「手拍子そろえて」はリズムが軽快な子供らしい曲です。

譜例を見ての通り、4分の2拍子でメロディーは左手が担っています。

最初のポイントはやはり右手の裏拍のリズム感。(ノリよく弾けるかな^^)

それから、左手のメロディーを豊かに歌うことでしょう。

スタッカートとスラーが記されていますから、アーティキュレーションの明瞭さも大切です。

2段目にスビートピアノで強弱を変えることができれば、より表情豊かになります。

技術面で特に難しい箇所はなさそうですが、8小節目の16分音符などは転ばずにすっきり通過したいところです。^^

分かりやすい曲なだけに、タッチと表現の明瞭さが大きな柱になると思います。

是非、この曲を通してピアノのいろいろを身につけて下さいね!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

夏のアドバイスレッスン

夏に開催されるコンクールへ向けて頑張っている皆さん!

モチコピアノスクールのアドバイスレッスンを受けてみませんか?

コンクール課題曲のポイントを理解して、演奏にさらなる磨きをかけましょう!

 

ピティナ全カテゴリーの他、グレンツェンピアノコンクール、ショパン国際コンクールin Asiaなどのピアノコンクールに参加される方は是非ご検討下さい。

 

ピティナ予選の近現代曲にもバッチリ対応します。

例えば...

B級

D.ヴィクトル作曲 子ヤギ

カバレフスキー作曲 騎士 Op.27-29

石田 祥子作曲 こねこの運動会

田中 カレン作曲 きりん

 

C級

ギロック作曲 ダイアナの泉、魔女の猫

バルトーク作曲 ソナチネ 第1楽章

松岡 貴史作曲 何とかわいい!

湯山 昭作曲 柿の種

 

D級

バルトーク作曲 6つのルーマニア民俗舞曲より 第1番、第6番

プーランク作曲 即興曲 Nr.13

武満 徹作曲 こどものためのピアノ小品より 第2番 雲

中村 夏美作曲 舞曲「異国の風」

etc..

 

担当講師:望月未希矢

会場:警固教室 井尻教室

開催期間:7/12〜8/31 *レッスン日はご相談に応じます。

レッスン料金:5,000円 *レッスン当日のお支払い。一時間程度のワンレッスンです。

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

けやき通り音楽祭

並木道に緑のアーケードができる新緑の季節。

今年もけやき通り音楽祭が開催されます!


メインゲストはチェリストの藤原真理さん。6月13日あいれふホールにて。


福岡市美術館で開催される三浦一馬さんバンドネオンコンサート他、けやき通りのお店で連日行われる街角ライブにも注目です。

お気に入りのアーティストに出会えるかもしれませんよ^^


涼しい風と木漏れ日の中、通りから聴こえてくる音楽♪気持ち良さそうですね〜。


是非この機会にお出かけください!

http://ongakusai.keyaki.st/

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

音楽表現練習へのピアノ小曲集 バイエル併用

今日は長年広く使われてきた曲集をご紹介しましょう。

2015年度のピティナの課題曲(C級)でシュモールのポロネーズが取り上げられたのでシリーズを1〜3巻まで揃えました。

曲数が多く一巻だけでもかなりのボリューム感があります。

その分音符が小さいので、譜読みの習慣がないレスナーには使いずらいかもしれませんが、個人的には内容量が多い教材は嬉しいです^^

幼児期のピアノレッスンでは、第一に音楽的なエッセンスが盛り込まれた良曲をたくさん学ぶべきだと思います。

 

選曲の特徴としては、古典を中心に歌、オーケストラ等の編曲も含めたメロディーの美しい曲が多く集められているようです。

モチコピアノスクールでは、メインの曲集として使用する楽譜は輸入教材を採用しています。

というのも、残念ながら日本で市販されている大部分の教材があまりに商業的で、内容が薄いから

今使っている教材ではロシアや東欧の曲が多かったので、時折こちらのシリーズの一巻から抜粋するのもよさそうです♪

中には、ピアノの譜表に加えて打楽器の音符が加えられている曲があり、こちらはお母さんと一緒に練習するのもGood!

ブルグミュラー以降の教程では、シューマン、ギロック、プレインヴェンション、フランスの小曲集、カバレフスキーなど選択肢が様々で困らないのですが、初歩の過程での決定版は皆無といっていいと思います。

バイエルについては実用楽譜というより、すでに文化の遺産になりつつあるでしょう。

 

最後のページに歴史を感じる教程表が書かれてありました。

「ピアノ小曲集」

多くの情報がない時代に、1〜3巻までこれだけの選曲をするのは、大変な仕事だったと思います。是非、これからも活用したいですね♪

 

こうして教育用の楽譜を俯瞰してみると、改めてバッハ、バルトークの功績は計り知れないと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

Yoko先生の「コード奏法で始める大人のピアノ」

大人になってピアノを始める方、色々なジャンルの音楽をピアノで弾いてみたい方に朗報です!

モチコピアノスクールでは「コード奏法」を使った大人のピアノレッスンをスタートします。
担当して頂くのは、指導経験が豊富で、様々なジャンルのピアノに詳しいYoko先生です^^

ピアノを弾くためには小さい頃から始めないと。
そう思っている方は多いと思います。
確かに、クラシックの難曲を弾きこなすという意味では大変な練習が必要ですが、Yoko先生の「コード奏法」を使うことで、ピアノはずっと楽しく身近になりますよ♪

-ポピュラーピアノ、ジャズピアノの基本を習得したい方。
-いろいろなジャンルの音楽に興味がある方。
-様々なシーンで気軽に演奏を楽しみたい方。
-読譜が苦手な方。
コード奏法で、新しいピアノの楽しみを見つけましょう!

5月から体験レッスンを受け付けています。
5/2(土)14時〜
5/16(土)14時〜
5/23(土)14時〜

【Yoko先生プロフィール】
福岡出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノ&キーボード奏者としてさまざまなアーティストのコンサートに参加し、多様なジャンルの音楽経験を積み、帰福。
ホテルラウンジ、ブライダル、楽器メーカーイベント、老人ホームなど、色々なシーンでの演奏を楽しみつつ、ピアノ指導にも力を注いでいる。
ヤマハ、ローランド、私立高校などで指導を経験。

指導にあたって大切にしていることは、
誰かと競争するためではなく、自分自身の心や人生を豊かにするために、音楽やピアノに触れ、楽しんでほしいということ。
その結果、あなたが紡ぎだすあたたかなピアノの音色が誰かを感動させるパワーを持つとしたら、とても素敵なことではないでしょうか。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

4/24 先生のリサイタル FFGホールで開催

モチコピアノスクール大発表会から、一ヶ月。

今度は先生のソロリサイタルがFFGホールで開催されます。

ほっとしたのも束の間、レッスンの合間を縫って練習、練習の毎日です。

 

4/24(金)19:00~

FFGホール(福岡銀行大ホール)

 

「月の光」などドビュッシーの名曲とシューベルト晩年のソナタを演奏します。

素晴らしい音楽を皆さんと共有出来たら、と頑張って準備に励んでいます。

ちょっと大人っぽいコンサートですが、ピアノを習っている子供たちには是非聴いてもらいたいです♪


フェイスブックファンページ


チケット購入はこちらから

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

あいれふホール大発表会 躍動する才能

先日、あいれふホールにて第一回モチコピアノスクール大発表会が開催されました。


たくさんのご来場、ありがとうございました。


今回は初めての本格的な音楽ホールでの開催ですから、これまでに行ってきたおさらい会やクリスマス発表会とは一味違った緊張感、ワクワク、ドキドキ感が漂っていました。


音楽で一番大切なことは、自分らしく表現してメッセージを伝えることだと思います。その意味を考えると、ピアノのレッスンはレッスン室だけで完結するものではないでしょう。やはり、演奏してこそ、生きた音楽なのです。


大発表会では、本番までのレッスンと自宅練習はもちろん、当日のホールリハーサルも一人づつ行ないます。

プレコースの生徒さんは、楽屋から舞台袖、ステージマナーに至るまで事前にチェック!準備の甲斐

あって、本番では全員が堂々とピアノに向かうことが出来ましたね^^ よく頑張りました!!


高学年の生徒さんには、リハーサル中にもいくつかアドバイスを与えましたが、さすが吸収力のある子供たち。本番を聴くと、この1日の経験でぐっと伸びていることが分かるのです。本当に、子供たちの才能は底なし。素直にびっくり!!

スクール生の熱演のあとは、お待ちかね、ゲスト演奏→出演者全員でのカーテンコール→大人の部と続きます。


長い音楽の1日が無事終わり一息つくと、、、

ホール発表会を続けていくのは色々大変なこともあるけれど、やっぱり来年もみんなの演奏が聴きたい!そんな気持ちになっています。


第二回が開催出来るように、日々のレッスンと教室運営に取り組んでいきたいです。


ご支援くださった皆様、本当にありがとうございました♪


大発表会の詳しい記事は、画面右の「大発表会★2015」のコーナーにまとめる予定です。

しばし、お待ちください♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

別れの季節

しだいに暖かくなり、けやき通りの景色も春めいてきました。

ところが、PM2.5で今朝の福岡の空は真っ白!

少し風邪気味なのも重なって、朝からガラガラ声でのレッスン^^;

 

日曜日は9時からレッスンスタートです。

来週の水曜日にはあいれふホールで発表会があるので、生徒のみんなは本番さながらに気合いの入った演奏を聴かせてくれましたよ♪

 

昼休み前の1時間は高学年生対象の聴音・ソルフェージュのレッスンです。

このクラスの生徒さんはピアノに熱をいれている上級生なので、発表会では小さな子供たちの憧れの的なのです!

きりっとした表情で、音を聴いては楽譜におこしていきます。

始めてから半年が経ちましたが、驚くべき上達ぶり!かっこいいよ〜♪

出会いあれば、別れあり。


三月には3人の生徒さんが遠く県外へ転居となり、お別れの日がやってきました。

五年生のアイコちゃんと、年長さんの双子カイくん、シュウくんたちです。

アイコちゃんは私が福岡で教え始めた時からの生徒さんで、カイくんシュウくんはモチコピアノスクールのプレコース一期生。

今日が最後のレッスンだと思うと、感慨深い気持ちになりました。

レッスン後に教室の入り口で記念撮影です。

生徒さんたちがこれから大きく羽ばたいて、いつかこの写真を懐かしく手に取る日を楽しみにしています。

親御様のサポートが本当に素晴らしく、お付き合いさせて頂いた経験はモチコピアノスクールの大きな財産になりました。

本当に長い間、ありがとうございました。


3人とは、3/25(水)のあいれふホール大発表会を最後にお別れです。

是非、福岡最後のよき思い出になるように、思い切り弾いて欲しいと思います。

GO! GO !

 


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
2 コメント

大発表会 チラシ&チケット完成

先週のレッスンで、ピアノを習って1年くらい経つ生徒さんたちの曲目が続々と決まりました。

クラシックの定番曲の他にも、現代風の面白い曲もたくさん取り入れています。

レッスンではレパートリー探しも楽しみのひとつ♪

高学年のお兄さん、お姉さん方は既に大まかな曲のカタチを整えていて、これからは暗譜と仕上げの段階に入って行きます。

 

ステージに経つまでの道のりは、決して簡単ではありません。

たくさん楽譜を読んで、練習して、また練習して。

出来るようになってもレッスンは色々と注文がつきます^^;

ある日のレッスンでは、いつもおさらい会まですいすいと仕上げている生徒さんが、今回は上手く弾けなくて落ち込む場面も。

ピアノも人生も山あり谷あり。

大人になって、何かをやり遂げるために必要な知恵と努力をピアノを通して学んで欲しいと思っています。

本格的な音楽ホールで開催する初めての発表会。

今回は、広報にも力が入っています。


去年のクリスマス会の集合写真でチラシを作りました。

背景はレインボ〜!

個性溢れる虹色のコンサートになりますように、との期待を込めて。

 

チケットも客席分の300枚を準備しました。

なんとゲスト演奏の部分も聴ける、大変お得な招待券です♪


見学をご希望の方はお問い合わせ下さいませ。

ご希望の枚数の招待券をお送り致します。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

大発表会2015 企画室 ゲスト出演も♪

3/25(水)に開催されるモチコピアノスクール大発表会。

現在、企画室ではみなさんに楽しんで頂ける発表会にするためにアイディアを出しています。


そして遂に、2015年大発表会の内容が決定!

今までのおさらい会やクリスマス発表会とはひと味違う、コンサート形式の立派な発表会です!

本番の演奏は勿論大切ですが、リハーサルの流れ、ステージ袖の空気も体験してもらいたいと思います。

 

3/25 あいれふホール

【当日スケジュール】

10:00-12:00 ホールリハーサル

12:00-15:00 調律

15:00-16:00 ホールリハーサル


本番

17:00-17:50 第一部 幼児〜小学三年生

18:00-18:50 第二部 小学四年生〜中高生

19:20- ゲスト出演 松竹玲奈(ソプラノ)望月未希矢(ピアノ)

20:00- 20:50 《めんたいワルツ》 大人の音楽会

 

想像しただけで、ワクワクしてきますね♪


ゲストとして松竹玲奈さん(ソプラノ歌手)に出演して頂きます!

 

これまでに数々の音楽賞を受賞し、国内外のオーケストラと共演。イタリアにも留学された本格派です。

松竹さんの歌うイタリア歌曲をお楽しみ下さい!


という感じで、企画室は大変盛り上がっています。

さて、あとは生徒さんの練習状況が気になりますが^^;

これからビシバシ、レッスンに打ち込んでいこうと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

講師募集のお知らせ

今日は音大卒業生、現役ピアノ講師の皆さんにお知らせです。

現在、モチコピアノスクールの先生になって下さる方を募集しています。


4月以降にご入会される方から随時レッスンを担当して頂く予定です。

(*3月までにご入会の方は代表講師の望月が担当します。)


スクールの特徴は、

幼児期のカリキュラムに欧米の特色あるメソッドを取り入れていること

伸び盛りの小学校高学年の生徒さんが頑張っていること

イベント活動を通して親御様やアマチュアの交流が活発なこと

などが挙げられます。


モチコピアノスクールにはいろいろな生徒さんが訪ねてこられます♪

ピアノ講師は音楽と人との出会いが多く、本当に日々飽きない職業です。

どの生徒さんもピアノスクールの扉を叩くからには「こんなふうになりたい」という「想い」があるはずです。

その「想い」を感じ取って「この人の将来をサポートしたい!」と思える人はピアノ講師に向いていると思いますよ。

技術はいろいろと伝授できますので、未経験の方も是非エントリーして下さいね!^^


募集要項をクリック^^

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

2015年 スタート!

新年、明けましておめでとうございます

お正月の福岡では近年珍しい雪が降りました。

雪だるまをつくれるくらいにはつもらなかったのですが、外は一面に雪の屋根が広がっていましたよ〜。

とても綺麗でした!

 

モチコピアノスクールでは4日に特別レッスンが行われ、大人の生徒さんが数名参加されました。

皆さん、休み中は殆ど弾けなかったとはいえ、素晴らしい音楽を聴かせて下さいました。

ショパンのバラード一番、グリークのホルベルク組曲、ベートーヴェンのソナタ etc...

 

レッスン室の絵本コーナー♪

新年はこちらの本に衣替えです!

 

明日からは通常のスケジュールでレッスンがスタートします。

子供達から冬休みに遊んだ話を聞くのが楽しみですね〜^^

 

今年も音楽と共に、生徒の皆様と共に歩んでいきたいと思っています。

何卒、宜しくお願い致します!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント