ピアノレッスンでCDを活用する

 

 

新しい曲を宿題にもらった時にYOUTUBEやCDを活用することってありますよね。

 

これはモチコピアノスクールの生徒さんが持っているCDなのですが、8小節の片手のメロディーも1トラックとして160曲くらいが収録されています。

 

「聴くだけで上手になる!」

といった、魔法のCDではありませんが^^;

 

分からないときは耳から覚えてね、という感じで持たせています。

生徒たちも音源事典のように使ったり、車の中で流したりと役立ててくれているようです。

 

同じシリーズで青、緑のCDもあります。

こちらは曲のレベルも充実していてピアノ曲鑑賞を楽しめるほどの内容。

 

YOUTUBEも便利ではあるけれど...玉石混合かな〜と思います。

子供のコンクールや発表会のアップ動画につられて「こんなに小さいのに、○○を弾いている」と、目的とは違う所に意識が向いてしまう面があるので、先生がある程度良いものをセレクトしてあげることが必要かもしれないですね。

 

モチコピアノスクールではこの付属CDの他にも時々おすすめを貸し出しています。

 

昨日レッスンに来た小3の女の子はモーツァルトの伝記に夢中です。

いつの間にかびっくりするくらいモーツァルトに詳しくなっていたので、魔笛、ドンジョバンニの有名なアリアが入ったCDを持たせました。

 

親子で楽しんでいるそうで嬉しいです。

好きこそものの上手なれとは言いますが、ピアノのレッスンでも子供の興味を持続させることが大切ですね♪

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

三善晃 子供のためのピアノ曲

ピアノは西洋の楽器だから、邦人の曲ってあまり弾かれないですよね。

発表会やコンクールのプログラムをめくっても、カタカナの作曲家ばかりがずらりと並んでいます。

 

昨年の大発表会では三善晃:音の森から「三度のワルツ」を弾いてくれた女の子がいました。

 

時々聞こえてくる7度の響きに哀愁があって、三善的だなと感じます。

 

三善晃は日本作曲界の巨星。

ピアノ曲も実はたくさん書いている。

 

オーケストラ曲をアクロスで聴いたことがありますが、暗〜いイメージが...

 

戦争体験が音楽の根幹である以上、彼の音楽がまとっている空気には一種のやりきれない苦痛が含まれているのは間違いないでしょう。

 

でも、三善晃が子供のためにピアノ曲を書いてくれたのは有り難いこと。

そして、日本のピアノ教育界において大きな功績ですね。

 

今年の発表会では海の日記帳から「波のアラベスク」を弾いてくれる生徒さんがいます。

けっこう難しいので、必死に練習中!!

最近また、パラパラと三善の曲をめくっています。

 

いい曲ないかな〜と楽譜を探すのは楽しみです♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

教材作りに熱中!

秋のトライアルにやって来る3〜4歳の子供たちのために、ゲーム感覚で取り組める教材作りをしました。

 

年中になるまではレッスン時間にピアノをたくさん弾くことは難しい...

そこで、このようなマグネットやフラッシュカードも導入して譜読みのための準備をします。 

真っ直ぐ5線を引くにはどうしよう?線の間隔はどれくらい?

小学生に戻って考えて作成中〜^^;

子供が見やすいように、なるべくシンプルに。

教室の大きな白壁はマグネットがくっつく仕様になっているので、ペタペタ貼って遊びます^^

新入生の皆さん、お楽しみに〜!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

小さなピアニストのための小曲集〜ショパン時代の作曲家達〜

「ショパンコンクール In アジア」の準備のために、新しく楽譜を購入^^

今年はモチコピアノスクールからも高学年生たちが参加することになりました。

ツィメルマンの先生として知られるヤシンスキ教授が監修したポーランドの小曲が集められています。

遅いテンポの曲、速いテンポの曲がバランス良く配置されていて、マズルカやポロネーズの他にタランテラ、メヌエット、コルトダンス?など舞曲のスタイルも豊富ですね。

ポーランド的な情感を若いうちから体験できる素晴しい内容になっています。

 

多くのピアノ学習者がショパンをきっかけにポーランドの心に魅せられると思います。

私もショパンを初めて弾いたときには、これまでに感じたことがない憂鬱な雰囲気とピアノの響きの華やかさに感激したものです。

子供たちにもショパンのエスプリを感じて欲しい!とはいっても、ショパンの曲ってある程度の難易度があるのでそう簡単にはいきません^^;

マズルカかワルツのどれか、、うーん難しい。

この楽譜には子供たちでも手が届きそうな良曲がいくつも収められているのが嬉しいですね。

ショパンコンクールを受ける目的だけではなく、日頃のレッスンの課題にも取り入れたいと思います☆

 

【ポーランド小品集収録曲】

1.ポロネーズ(オギンスキ)

2.マズルカ(オギンスキ)

3.コルトダンス(マリア・シマノフスカ)

4.ガドリーユ(マリア・シマノフスカ)

5.ポロネーズ(マリア・シマノフスカ)

6.ポーランド舞曲(マリア・シマノフスカ)

7.ショパン風マズルカ(クログルスキ)

8.ポロネーズ(モニウシュコ)

9.受け答え(レシュテツキ)

10.ロマンス(レシュテツキ)

11.メロディー(ザレンプスキ)

12.タランテラ(モシュコフスキ)

13.メヌエット(モシュコフスキ)

14.古風に(スタトコフスキ)

15.クラコヴィアク(カロル・シマノフスキ)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

音楽表現練習へのピアノ小曲集 バイエル併用

今日は長年広く使われてきた曲集をご紹介しましょう。

2015年度のピティナの課題曲(C級)でシュモールのポロネーズが取り上げられたのでシリーズを1〜3巻まで揃えました。

曲数が多く一巻だけでもかなりのボリューム感があります。

その分音符が小さいので、譜読みの習慣がないレスナーには使いずらいかもしれませんが、個人的には内容量が多い教材は嬉しいです^^

幼児期のピアノレッスンでは、第一に音楽的なエッセンスが盛り込まれた良曲をたくさん学ぶべきだと思います。

 

選曲の特徴としては、古典を中心に歌、オーケストラ等の編曲も含めたメロディーの美しい曲が多く集められているようです。

モチコピアノスクールでは、メインの曲集として使用する楽譜は輸入教材を採用しています。

というのも、残念ながら日本で市販されている大部分の教材があまりに商業的で、内容が薄いから

今使っている教材ではロシアや東欧の曲が多かったので、時折こちらのシリーズの一巻から抜粋するのもよさそうです♪

中には、ピアノの譜表に加えて打楽器の音符が加えられている曲があり、こちらはお母さんと一緒に練習するのもGood!

ブルグミュラー以降の教程では、シューマン、ギロック、プレインヴェンション、フランスの小曲集、カバレフスキーなど選択肢が様々で困らないのですが、初歩の過程での決定版は皆無といっていいと思います。

バイエルについては実用楽譜というより、すでに文化の遺産になりつつあるでしょう。

 

最後のページに歴史を感じる教程表が書かれてありました。

「ピアノ小曲集」

多くの情報がない時代に、1〜3巻までこれだけの選曲をするのは、大変な仕事だったと思います。是非、これからも活用したいですね♪

 

こうして教育用の楽譜を俯瞰してみると、改めてバッハ、バルトークの功績は計り知れないと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

カイエ・ドゥ・ルモワンヌ 現代フランス小曲集

教室に荷物が到着!

楽譜を買うのにも便利なアマゾンです。

 

とくに日本の楽器店では取扱いがない輸入教材を取り寄せる時には助かっています。

それから、最近は定番の中古品を買うことも多いですね。

内容は変わらない再版前の楽譜はとてもお得ですから。

 

さて中身を開けてみましょう、ワクワク^^

じゃ〜ん!

フランスの現代曲が集められた「カイエ・ドゥ・ルモワンヌ1」とシューマンのユーゲントアルバムです。

どちらもブルグミュラー25の練習曲との併用が可能な、美しい小品集です。

 

ユーゲントアルバムはよく抜粋してピアノレッスンで使われる定番。

ブルグミュラーの流れでドイツロマン派を味わうのにはもってこい!

 

「カイエ・ドゥ・ルモワンヌ」は今回初めて手にしたのですが、装丁とレイアウトがとても気に入りました。

表紙の手触りがなんだか心地いいですね、フフフ♪

 

品のいい現代曲を集めるのが大変な中、この楽譜の選曲は優れていると思います。

さっそくレッスンに取り入れましょう。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

手芸屋さんで教材探し

今日はプレコースのレッスン教材を探しに手芸屋さんに行きました。

手芸屋さんで教材!?

実は手芸屋さんは、レッスンアイディアが見つかる穴場なのです。

 

モチコピアノスクールではフェルトを使ったリズム遊びが子供たちに大人気です!

体験レッスンに来られるお母様方にも、手作りの教材は好評ですよ。

モチコピアノスクールが開発したオリジナル教材を使うと、子供たちはいとも簡単にリズムを覚えるようです。

不思議ですね〜、教材のちょっとした工夫で子供たちの吸収力は倍増します。

遊びながら、しっかりと学んでいるのですね。噂の教材はまた次回のブログでご紹介します♪

 

ちなみに上の写真は、今日行った手芸屋さんで行われていたフェルトアクセサリー講座の様子です。大人になって楽しめる趣味があるといいですね♪

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント