スタインウェイ社ピアノ工場 & 楽譜出版社訪問

一週間のヨーロッパ視察旅行も最終日を迎えました!朝9時にスタインウェイ社のハンブルグ工場入り口で待ち合わせ。たくさんのKlavier Bauer ピアノ職人達がタバコとコーヒー片手に仕事始めの一服をしています。おおよそ繊細な技を備えていなさそうな、腕っ節の太い男たち。タトゥーをいれている人も多いです。ドイツのピアノ職人のほとんどはLudwigbergというヘッセン州の小さな街のピアノ職人養成所で学ぶそうですが、スタインウェイでは一からピアノ職人を育成するプログラムがあり、三年半の修業を経てスタインウェイ工場で働くプロフェッショナルになる人もいるようです。この日工場を案内してくれた方もその一人で、とても親切で真面目な女性でした。マイスター制度の面影がピアノ作りにも残っています。
工場内は撮影できません。二時間に及ぶ見学の後、案内人のアンゲリカさんと。ほぼすべての工程を見せてもらいましたが、伝統的な手作りの工法は脈々と受け継がれているようでした。工場から連想されるベルトコンベア的な景色はなく、使い込まれた設備のなかで職人達がそれぞれの持ち場で黙々と作業しています。最終的なサウンドチェックはホールで行なわれ、4人の技術者によって厳密にテストされます。大ホールで力を発揮するスタインウェイのこだわりですね。
午後からは出版社との打ち合わせでした。内容はまだ詳しく書けませんが、持ち込んだ企画に対して最良の返事をもらうことができました!長い道のりの入り口に立ったばかりで、これから幾つも問題を解決していかなくてはなりません。でも、一つ一つ仕事を積み上げていくスタイルはドイツ人の得意とするところ。少しずつ夢が広がります^ ^ 写真は最終日、ハンブルグ港の夜景です。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ウィーン空港で半日

ハンブルグ行きの飛行機に乗り遅れてウィーン国際空港で半日足止めをくらいました。透き通る青空のヨーロッパで空港に閉じ込められるなんて、ついてないです。いや、遅れたのは自分のせいなので深く反省しています^^; エアベルリンのカウンターで今日中のフライトを買えたのが不幸中の幸い。明日はスタインウェイ社と楽譜出版社の大事なアポイントメントが入っています。夜行列車に乗ってでも移動しないといけませんでした。空港のカフェで三時間座り明日の準備をして、ゲートに移動した今このブログを書いています。なので今日は何も面白い話も写真もありません。ごめんなさいm(__)m
閑散とした搭乗ゲートの前であと二時間待ちます。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

クリムトとブリューゲルの絵&ウィーン楽友協会

ウィーンの美術館で楽しみにしていたのは、クリムトとブリューゲルのコレクションです。クリムトの「接吻」はウィーン観光のハイライトの一つです。クリムトが辿り着いたのはハプスブルクの栄光を偲ばせるような金箔、銀箔の色調。カメラは禁止だったのでお伝えできないのが残念ですが、凄くインパクトがありました。好みではないけれど、他にはない独特な世界観に圧倒されます。写真は左から、歴史博物館の天井。中央がブリューゲル。16世紀の絵とは思えない面白さですね。人の仕草の描写が楽しい。右は歴史博物館のとある部屋です。絵がたくさん!
世界最高の音響を誇る楽友協会ホールの演目はウィーントーンクンストラーオーケストラによるラフマニノフ作曲、ピアノコンチェルト一番とドボルザーク作曲、シンフォニー八番です。明日は内田光子のピアノリサイタルだそうです。演目はともかく音響と内装は気になります。オペラ座の時と同じく、行き当たりばったりは旅先でも本領を発揮。30分前にチケット売り場へ駆け込みます。残っていたのは、舞台が全く見えない14ユーロの席、舞台の一部のみ見える18ユーロの席、舞台が正面から見える5ユーロの立ち見。三通りから究極の選択を迫られ、立ち見をチョイス。「折りたたみか、ベンチくらいあるんでしょ?」ドイツではたいてい簡素な腰掛けがあるのだけど、ウィーンにはないようです。貴族文化はその辺容赦ないですね。演奏は結構良かったけど流石に疲れました。Stehe Platz 立ち見席。ホントにずっと立たされたのは生まれて初めてです^^;
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

楽器博物館が面白すぎる

ウィーンの楽器博物館にはバロック時代から近代までの楽器コレクション、特にウィーンゆかりの作曲家と関わりの深いものが展示されています。時代を追って見て行くと楽器の改良が作曲家のイマジネーションを刺激してきたことがよく分かります。他では絶対に見ることが出来ない貴重な楽器ばかり。まずはギターの前身リュートやチェロの前身ヴィオラ・ダ・ガンバなどがある弦楽器の部屋から。
(写真右)ウィーンの楽器制作家シュタインのフォルテピアノ。モーツァルトは7才のパリ旅行でシュタインに初めて会いその後も親交が続きました。チェンバロからピアノへと鍵盤楽器の主役が移って行った時代です。(中央)旅行用ミニピアノ。旅の多い作曲家に人気でモーツァルトの父レオポルドも購入したとか。筆立てもあって便利そうです^ ^(左)ウォルター制作のピアノ。この時代になるとダイナミックの可能性がぐっと広がります。ウォルターは宮廷の部屋に置くためのピアノの他に、ベートーヴェンからも注文を受けて、画期的なピアノを開発。ピアノソナタ「ワルトシュタイン」以降の作品に多大なインスピレーションを与えた楽器。
1930年頃にベーゼンドルファー初期のピアノが登場。それ以降、ウィーンのピアノ制作の主役を独占していると言っていいでしょう。エラール、ブルートナーなども置いてありましたが、写真はほとんどベーゼンドルファーです。インテリアの流行に合わせてピアノの外観が様々に変容しているのが面白いですね。この博物館、人も少なく半日時間が潰せます。生徒の皆さん、コレクションの本を買ったのでお楽しみに!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ウィーンの楽譜店 & 国立オペラ座

ウィーンの街中にある老舗楽譜店を訪ねると、モチコピアノスクールでお馴染みの赤い教本がありました!オーストリアでも広く使われているそうです。ウィーンで三泊した後、この楽譜の出版社を訪問します。ブレーメンを散策中に見つけた小さな楽譜店にはこの教本の新しいシリーズが置いてありましたよ。お店の人にEuropoelischeKlavierschule-ヨーロッパピアノ教本-という広く親しまれている教材もあると教えてもらいました。ページをめくると、初めに黒鍵遊びから入る斬新なメソッドです。こちらも持ち帰って研究したいと思います!大収穫!
夜は憧れのウィーン国立オペラ座へ。当日券でマスネのオペラ「マノン」のチケットをゲットしました!フランスらしいamourな世界観でクラクラしてきました(*_*) が、見てください!この豪華絢爛なオペラ座の雰囲気。この階段を上がるだけで特別な気分になります。でも当時は建築や演目が酷評され、設計士が自殺するなど波乱の歴史があるそうです。世界屈指の歌劇場オーケストラを持ち、小澤征爾さんが芸術監督を務めたことも有名ですね。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ピカソ展のオープニングパーティー

空気が冷たくて気持ちがいい冬の朝です。美味しいドイツの朝食を頂いてハンブルクを出発!ピカソ展が開催されるブレーメンのクンストハレへ向かいます。その前に市内を観光^ ^ 音楽隊の像は街一番の撮影スポット。
ドイツの教会は荘厳で美しいですね。この日もオルガンの音が響いていました。ブレーメンの美術館で開催されるのはピカソにとって特別な存在だったモデル、シルベッタさんをテーマにした企画展のオープニングパーティーです。
世界中から集められたコレクションの数々。ピカソって才能のカタマリみたいな人です。どの作品も面白いしずっと見ていて飽きないんですね。パーティーではシルベッタさん本人やピカソファミリーにもお目にかかりましたよ(°_°) 
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

懐かしのハンブルクに到着

一週間レッスンのお休みを頂き今日はドイツからお伝えします。知人の社長さんに通訳として同行中です。ハンブルクは先生が高校生の時に初めて降り立った海外の地。リューベック音大に留学していた時は何度もこの空港を利用しました。懐かしいですね〜♪日本では殆ど活躍しない真冬用のダッフルコートを着ているのですが、それほどでもなかったです。最近の福岡と比べたら暖かいくらいでした。旅の後半は自由行動なので現地の音楽事情もリポートしていこうと思います。ご期待ください!
(写真上)パリ、ドゥ・ゴール空港でハンブルク行きの飛行機待ち。疲れがすでにピークで耳、喉が荒れてきました。生徒さんのお母様から頂いた蜂蜜100%飴を舐めてしのぎます。(写真下)ようやくハンブルク空港に到着^ ^ここから空港に直結しているSバーンで中央駅近くのホテルへGO!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
2 コメント