譜読みが大変!?

ピアノの練習が嫌いな理由。

1位はズバリ、譜読みが面倒だからだと思います。

心当たりはありませんか。

 

お母様にとって毎日の練習にどのように付き添えばいいのか、素朴な疑問だと思います。

そんな時は是非、次の3つに気をつけて練習を見てあげてください。

 

①リズム

②音程(ドレミ)

③指使い

 

②の音程が間違っていたら、誰の耳にもすぐに分かると思いますが、①のリズムは意外とルーズになりがちです。

音楽はリズムから、というくらいですから、100%正確に。

 

そして、③の指使いがとても大切です。

楽譜に書かれてある指使いの指示を見落していても、音楽的には問題なかったりします。

でも、何の指でも弾けたらオッケー!ではありません。

実は指使いはとても奥が深く、音楽性と密接な関係があります。

書かれてある指使いが全て正しい訳ではありませんが、型を学習することで将来の伸びが変わってくるのです。

 

とくに小学校低学年くらいまでは、上記の3つに気をつけてお子さんの練習を丁寧に見てあげて下さい。

チェンバロを聴いてみよう

バロック時代の作品を弾くときにチェンバロの音が聴こえてくることはありませんか?

 

今、ピアノの名曲として知られる17世紀後半から18世紀初頭にかけての作品は殆どがチェンバロ用に書かれたものです。

 

ヘンデル作曲のファンタジーC。

 

最近、レッスンで取り上げる機会が多いのですが、まさにチェンバロ的なイメージが湧く楽しい曲です。

重厚なコード。

ひたすら続く16分音符のトレモロ。

カデンツを匂わせて、繰り返すシークエンス。

 

「チェンバロの音、聴いたことがある?」と聞くと、稀に生の音を知っている子もいますが、普通は名前すら知らないですよね。

確かに、日本で聴ける機会は限られています。

私も初めて聴いたのは小学6年生頃だったと思いますが、最初は変な音だな〜と思いました。

 

日本にいた頃はCDを通して聴いて、留学中には教会で聴いたり、大学にある実際の楽器を弾いたりもしました。

聞き慣れた今では温度感がありロマンティックな音だと感じます。

 

チェンバロと言えば、よくレッスンで聴かせる曲がありますのでご紹介しましょう。

後半のカデンツァが有名。

バッハのブランデンブルク協奏曲5番、どうぞお楽しみ下さい!

ピアノを始めて3ヶ月 リリコちゃんは何してる?

六月も半ば、日に日に暑さが増してきましたね。

運動会を終えた子供たちも多く、半袖シャツ姿にこんがり焼けた顔でやって来ます。

今日は久しぶりにレッスンの様子を覗いてみるとしましょう。

リリコちゃん(年長)は3月に重田先生のクラスでスタートしました。

 

最初はドレミに拘らずに表現の幅を体感することから始まります。

椅子に座って始める必要はありません。

ぞうさん、うさぎさんに例えて、音を大きくならす、小さくならす。

鍵盤の端から端まで、両手で行ったり来たり。

それから、先生が次々に鳴らす音を探し当てる遊びなど。

ピアノを前に小さくならないこと、気持ちを解放することは導入期からとても大切なことです。

 

今は半音階のスケールを特訓中の様子。

88鍵を何秒で弾けるかな?

ストップウォッチでタイムを測って楽しそうですね。

 恥ずかしがりなところも可愛らしいリリコちゃん、最後にはニコッと笑ってバイバイしてくれました。

 

7月29日にはピアノを始めたばかりの生徒さんも含めて、おさらい会をします。

どうしようかな〜と迷っている子供たちも多いですが、曲が仕上がって来たら「大丈夫!やってみようよ」と背中を押してあげるつもりです^^

アイリちゃん お別れの時

今日は6月に東京へ引っ越すことになったアイリちゃんが最後のレッスンにやって来ました。

 

お別れの時は寂しいもの。

 

慣れ親しんだ家、幼稚園、公園、友達や先生たち。

それぞれにさよならを伝える日がやってきます。

部屋に入って来たアイリちゃんの表情もどこかいつもと違って見えました。

福岡で習ったピアノも大切な思い出になったでしょうか。

 

ピアノとのお付き合いは長く、始まりは2才の頃から。

 

お母様には、ピアノの練習は出来なくても小さいうちに音楽に触れさせたい、との思いがありました。

私からは、「出来るようになる事を目的にしないで、4才になるまでは気軽にレッスン室に遊びに来て下さい」とお伝えして試行錯誤のレッスンがスタートしたのです。

 

2才の子供にとって30分のレッスン時間はとても長く、つまらないと直ぐに退屈してしまいます。

眠い日もあれば、気分がよくない日もありますが、それでも休まずによく通ってくれました。

今年の発表会で弾いたハイドンの時計交響曲。

アイリちゃんのことを思い出す時には、あのメロディーが流れてくることでしょう。

 

練習は嫌がっても、レッスンに来るのは好きだったから続けられた、とお母様。

 

「こんな時もあったんですよ」と見せて下さったのは、三年前、第一回目の発表会で一緒に舞台挨拶をした映像です。

ちょろちょろステージを動き回る姿を見ると、あれから本当に大きくなったな〜と実感しました。

 

たくさんの楽しい時間をありがとう!

これからも子供たちの成長と共に、スクールも歩み続けます!

一ヶ月トライアル 3~7歳向け

そろそろピアノを始めようかな、とお考えの方にぴったりのコースをご案内します。

一ヶ月トライアルでは4回の個人レッスンを通じて、お子様の反応、レッスン内容と目的、先生との相性を踏まえてじっくりご検討頂けます。

是非この機会にご利用下さい。

 

 

【カリキュラム】

3才からのピアノ

◯うた◯リトミック◯言葉とリズム遊び◯数と形の認識◯ピアノに触れよう◯絵本読み聞かせ

 

4~7才のピアノ

◯うた◯リズムの譜読み◯ドレミの譜読み◯姿勢・手の形◯聴音◯左右の手でメロディー

 

【空き状況】

警固教室

火曜 15:00-15:30 / 17:15-17:45 / 18:15-18:45

金曜 15:30-16:00

土曜 10:00-10:30 / 13:00-13:30

他のお時間についてはお問い合わせ下さい。

 

井尻教室

お問い合わせ下さい。

 

【料金】

7,560円 / 8,640円(小1の場合

 

【ご入会特典】

音符フラッシュカードプレゼント!

音楽専門コース 生徒募集

 

モチコピアノスクールではコンクールの受験、音楽学校への進学を目指している学生をサポートするために専門コースを設置しています。

特に難しい内容のレッスンではありません。

お子様に次の二点が備わっていたら専門コースを検討されてもよいかと思います。

①ピアノを弾くのが好き。

②一日一時間以上の練習時間を確保している。

 

1.【お問い合わせ】

お電話かメールで体験レッスンの日時をご相談ください。

TEL: 090-6631-5901

 

2.【体験レッスン】

45分の実技レッスンの後に面談のお時間を頂きます。

*料金 3,000円

 

3.【ご入会・ソルフェージュクラス分け】

聴音のレベルに応じて現行のクラスと新設のクラスのどちらかへ分かれます。

 

音楽専門クラスの授業料

小学校低学年 月額 20,520円(60分の実技とソルフェージュ込み)

小学校高学年 月額 23,220円

中高生    月額 25,920円

ミナミちゃん ピアノは友達

ピアノを弾く姿がとても似合う年少さんの女の子。

 

ヴァイオリンやチェロなどは子供サイズの楽器を鳴らすことから始まりますが、それに比べてピアノは大きいですね。

 

でもこの日レッスンにやってきたミナミちゃんにとって、ピアノはすっかりお友達のようです。

 先生との会話も弾んでなんだか楽しそう。

 

「いつも宿題以上のことをやってくるのがミナミちゃんなんです」と藤島先生。

 

「発表会の曲を聴かせてよ」と話しかけると、すこし照れくさそうです。

おいとましようと席を立つと「じゃあ、最後まで聴いて!」と明るい音の演奏を披露してくれました。

 

4歳になる頃にピアノをスタートしてから、今回が初めての発表会になります。

果たして、本番ではどんな音が飛び出すのでしょうか!

レンくん&アイちゃん 息を合わせて

発表会まであと3週間ほど。

だんだんレッスンにも緊張感が出てきました。

 

「発表会まであと何日だろう」

「今日弾いたのも良かったけど、もっとよくなるかな」

「今の演奏は何点だと思う」

先生のコメントも本番を意識した言葉に変わっていきます。

 

今日ご紹介するのはアイちゃんとレンくんです。

昨年に続いて兄弟揃っての発表会出演です。

 

それぞれソロを一曲と連弾を一曲練習中で、連弾はロシアンピアノスクールから「森の中の少女」を選びました。

ちょっぴり哀愁を帯びた美しいメロディーなのです。

 

ロシアンピアノスクール。

この中には日本の幼児向け教本ではめったに聴くことがない豊かな心情が見事に描かれていて、子供たちは音楽を通して様々な感情を体験します。

 

連弾ではお姉さんのアイちゃんが弾き始めの合図をして優しく伴奏。

レン君はその伴奏に乗って気持ち良さそうに両手で一本のメロディーをつないでいきます。

 

近くの教室なので、二人だけでレッスンに来ることも。

帰る時は教室前の横断歩道でいつもアイちゃんがレンくんの手を握ります。

仲良し兄弟の息の合った演奏を期待しましょう^^

リオちゃん 今年はもっと表現したい

年長のリオちゃんにとっては今年が2度目の発表会。

 

親御様のサポートのお陰で、とても安定感のある成長ぶりをみせています。

 

担当の先生が変わったことがありましたが、人懐っこい性格で今では先生たちみんなと仲良しです^^

 

 

今日は手がふにゃっとならないように、手首の高さ、指が鍵盤に触れる角度、親指の位置など細かな指導が入っています。

 

発表会の曲は順調に仕上がっていますね。

あと一ヶ月で細かい表現のところまで詰められるか、リオちゃんのテーマとなっているのです。

 

成長に合わせて、ハードルは上がっています。

大変、大変...

 

色々な性格の子供たちがやってくる中、リオちゃんのレッスンは先生にとっても落ちついた時間なのだそうです。

 

以前と比べて横顔がスッとしているのが印象的でした。

0 コメント

ユウマ君 年中さんの軌跡

4/1の発表会に出演することになったユウマくんは、連弾曲の「ラブミーテンダー」に挑戦しています。

 

一年程前から通っている早生まれの年中さんです。

当時は個人レッスンを始めるにはまだ幼かったので、一緒に体験へ来たお兄ちゃんから先に始めるようにご提案しました。

 

その時お母様はユウマくんの音楽好きな素質を感じていらっしゃるご様子で「それでも、是非一緒にお願いします」と言われたので、お受けしたのでした。

 

始めのうちは机の下にもぐったり、教室のものをあれこれと触ったりして、レッスンに集中する気配がありません...

 

おふざけが大好きなんですね、さてどうしたものでしょう。

 

幼児教育の初心に返ってまずはレッスンのルール作りから。

 

始めと終わりの挨拶は丁寧に。

お話をするときはよく目を見て。

活動の切り替えを早く。

無理してピアノを弾かせない。

子供を信じて待つ。←これが最も大切!!

 

これらの基本を意識してコツコツとレッスンに取り組む流れを作っていきました。

ピアノを弾く活動へ移って行くまで半年程は歌と音感のトレーニングにほとんどの時間費やしました。

 

お母様にもご協力頂いて、一緒に踊ったり、膝の上でリズム遊びをしたり。

 

ユウマ君は最初から耳がとてもよかったので、ピアノを弾かなくてもいろいろな活動を楽しく出来たのです。

 

今では音感トレーニングの効果がじわじわと効いているのでしょう。

譜読みのスピードも年中さんにしては十分なところまで達しています。

お母様は今では少し遠くから、レッスンを見守っています。

 

発表会では舞台に出て行くところから、帰ってくるまでが本番。

この日は演奏前後の動作についても学びました。

 

お辞儀もさまになってきましたね!

王基敏(ワンジミン)チェロ教室 生徒募集

秋も深まり、あの奥深い音色が懐かしく感じる今日この頃。

 

チェロの歴史は長く、ベースを受け持つ楽器として常に重宝され、ソロでも特別な風格を漂わせるまでに発展しました。

 

映画「おくりびと」で静かな脚光を浴びたり、皇室ゆかりの楽器だったりと、出しゃばりはしないけれど、一目置かれる存在。

 

ピアノの詩人ショパンも、晩年のブラームスも特別な愛着をもったとか。

 

シニアからでも始めやすく、最近は若い女性への人気も高まっています。

 

そんな大人の憧れ、チェロレッスンをモチコピアノスクールで習えるようになりました!!

 

中国出身の名手、王基敏先生が初心者から経験者まで楽しく教えます。

 

生徒さんに「チェロを弾くことが人生一番の楽しみ」とまで言わしめる、魅力的なレッスンをあなたも受けてみませんか?

 

【料金】

体験レッスン2,000円→特別価格1,000円

月謝8,640円〜

会場:警固教室

お問い合わせ

0 コメント

習い始めて半年間 カナデちゃんのピアノ

今日は警固教室のレッスン見学へ。

ピアノを習い始めて半年のカナデちゃんの様子を覗いてみましょう。

 

先生からは、今練習している曲「かっこう」が弾けるようになったこと、手の形がきれいになったことを褒められていました。

レッスンには休む事なく通って、テキストの進み具合も順調です^^

 

習い初めの頃「まじめな性格だから、たくさん練習することでピアノが嫌いになるのでは」と、お母様は心配されていました。

ふ〜ん、練習しないことを悩むお母様がいる反面、そんな考えもあるのですね...

 

今のところ、まじめな性格と練習が吉と出ている様子で安心しました。

お家ではカナデちゃんが先生の真似をして、お母さんに音あてクイズをすることもあるのだとか。

なんだか、楽しそうですね♪

 

そんなカナデちゃんですが、ピアノが上達した背景には家でのきまりがあったようです。

幼稚園から帰ってくると、まず30分の練習です。

 

ピアノの蓋は開いた状態でカナデちゃんの帰りを待っています。

これも、すぐにピアノに触れられるようにとお母様の配慮ですね。

30分の練習をきちんと出来たら、その後は何をして遊んでも自由だそうです。

 

やることはやって、残りの時間も有効に。

 

秋の新入生たちは是非参考にしてくださいね!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

ピアノを始めて三ヶ月 マホちゃんの挑戦

福岡は今日も突然の大雨に見舞われました。

運悪く傘を持たずにほんの少しだけ外出していた時。

あっという間に頭からつま先までびしょぬれになってしまいました^^;

気を取り直してレッスン再開です!

 

モチコピアノスクールでは恒例の一学期末おさらい会を見据えて、新入生たちが頑張っています。

今日は習い始めて3ヶ月の年中さん、マホちゃんのレッスンを見学させてもらいましょう。

 

さあ、今日のピアノはどんな音がするのでしょうね。

部屋に入ってくる時、カバンから楽譜を取り出す時の表情を見るとレッスンを楽しみにしている気持ちが伝わってきます。

メリーさんのひつじ、10人のインディアン、子供のマーチ。

とても丁寧なタッチで練習してきたのでしょう、綺麗な音が聴こえてきます。

普段なら恥ずかしくなりそうなカメラを見ても、今日はなんだか嬉しそうですね^^

 

入会当初は新しい環境に慣れる事ができるかな、とお母様も心配をされていたと思います。

子供にとっての「社会」とまでは大げさかもしれませんが、ピアノのレッスンも家の中とは違う新しい世界ですからね。

まずは、担当の藤島先生と仲良くなれたこと、そしてレッスンに通う事が好きになれたことに感激しました!

 

7/24(日)のおさらい会、楽しみにしていますよ♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

一歩前へ踏み出そう!【夏のアドバイスレッスン】

しだいに暑くなって来ましたね。

福岡ではもうすぐ梅雨入り模様。

その先には今年も燃えるような夏が待っていることでしょう。

 

熱心にピアノに取り組んでいる皆さん。

この夏、あなたの演奏に新たな刺激を加えてみてはいかがでしょうか。

モチコピアノスクールのアドバイスレッスンは、セカンドオピニオンを求めている方、コンクールへ向けて練習に取り組んでいる方に最適です。

 

ピティナピアノコンペティション、日本クラシック音楽コンクール等に参加される方は是非ご検討ください。

 

課題曲例)

ピティナピアノコンペティションB級

3-4年

ハイドン:アリエッタ第1番

ベートーヴェン:ソナチネへ長調

シューマン:乱暴な騎士

チャイコフスキー:朝の祈り

ブルグミュラー:やさしい花

ギロック:カプリチェット

 

ピティナピアノコンペティションC級 

5-6年

モーツァルト:ウィーンソナチネ第6番

ショパン:マズルカ:第5番

ベルトミュー:気まぐれなロバ

プロコフィエフ:バッタの行進

香月修:スペイン風ワルツ 

 

...etc

 

担当講師:望月未希矢・藤島彩

会場:警固教室 井尻教室

開催期間:6/18〜8/31 *レッスン日はご相談に応じます。

レッスン料金:5,000円 *レッスン当日のお支払い。一時間程度のワンレッスンです。

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

音楽専門コース(実技&ソルフェージュ)

モチコピアノスクールの音楽専門コースでは聴音と楽典に力を入れた音楽教育に取り組んでいます。

 

小学生のうちにはっきりと将来の意思を持つことは極めて稀ですが、音楽を専門にする場合には本人の意思が固まる前にある程度の素地を形成しておく必要があると思います。

 

というのも、耳の発達、運動機能の発達にはそれぞれ年齢的なリミットがあるためです。

トレーニングのタイミングが適切であれば、将来高い専門生を得るために必要な素地をゆるやかに形成出来る事になります。

 

例え音楽大学へ進学しなくても、音楽の知識とピアノの技術を深めることは豊かな教養につながるでしょう。

 

モチコピアノスクールでは今年から小学校低学年対象の音楽専門コースを開設します。

 

特にレッスンの内容が難しいことはありません。

お子様に次の二点が備わっていたら専門コースを検討されてもよいかと思います。

①ピアノを弾くのが好き。

②一日一時間以上の練習時間を確保している。

 

1.【お問い合わせ】

お問い合わせフォーム、またはお電話で体験レッスンの日時をご相談ください。

TEL: 090-6631-5901

 

2.【体験レッスン】

45分の実技レッスンの後に面談のお時間を頂きます。

*料金 3,000円

 

3.【ご入会・ソルフェージュクラス分け】

聴音のレベルに応じて現行のクラスと新設のクラスのどちらかへ分かれます。

 

音楽専門クラスの授業料

小学校低学年 月額 20,520円(60分の実技とソルフェージュ込み)

小学校高学年 月額 23,220円

中高生    月額 25,920円

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

藤島クラス 準備万端です!

藤島先生のクラスでも大発表会へ向けて、リハーサル中〜!

ちょっと緊張感が漂っています...失礼します。

4月に二年生になる女の子、来週の月曜日に発表会デビューを飾ります☆
昨年の12月から藤島先生のもとレッスンを始めて、最近目に見えて成長している様子。
この日はハリオット「春の声」を丁寧にきれいな音で仕上げていました。
ピアノを弾く姿勢もGOOD!
習い始めてまだ4ヶ月程ですが、しっかり音が定まっています☆
当日のホールリハーサルでは、先生から最後のアドバイスがあるでしょう。
コンサートピアノとホールの響きを体験して、どんなことを感じるのでしょうね。
ドキドキしますね〜。
と言っても、本人は緊張する様子もなく、いつも通りの凛とした表情。
子供たちの目から見えるステージの景色は私たち大人とは全く違うのだろうと思います。
願わくば、先生たちももう一度小学生に戻って、同じ景色を眺めてみたいものです^^
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

新年最初のレッスン

明けましておめでとうございます!

警固教室では昨日から藤島先生のクラスがスタートしました。

新年最初のレッスンは3月に発表会デビューを控えている小学1年生の女の子。

習い始めて3ヶ月ほどです。

少し前にレッスンを見学した頃に比べると、耳がぐんっと良くなっている様子。

メロディーの断片を聴音できるようになっていて、きれいな声でドレミを歌っています。

タッチもしっかりしているようでした。

 

親御様はメモを取りながらとても丁寧にレッスンをご覧になっており、ご自宅での学習に生かされているとのこと。

これなら一安心です^^

 

これから発表会の選曲に入る予定です。

楽しみ、楽しみ♪

 

今年の冬休み、ショパンコンクールinアジアの全国大会に出場する子はお正月も返上で?練習に励んでいます。

 

私も休みの間はいつもよりたくさん練習が出来ました^^

バッハ「ゴルドベルク変奏曲」、ショパン「ワルツ集」、リスト「愛の夢」などに取り組んでいます。

ピアノを一人で弾くときもまた幸せ☆

 

昨年はブログを読んで下さいありがとうございました。

今年も宜しくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

冬のアドバイスレッスン

アドバイスレッスンは普段のピアノレッスンから一歩前へ進みたい方、セカンドオピニオンを受けたい方におすすめです。ショパン国際コンクールin Asia、日本バッハコンクールなどのピアノコンクールに参加される皆さんは是非ご検討下さい。

 

課題曲例)

ショパンコンクール in Asia 地区予選

3-4年

グリーク:妖精の踊り

ブルグミュラー:貴婦人の乗馬

ショパン:ワルツ op.64-1

ショパン:マズルカ op.67-2

シマノフスキ:クラコヴィアク ヘ長調

モシュコフスキ:タランテラ

オギンスキ:12のポロネーズ

 

日本バッハコンクール  地区予選

5-6年A

バッハ:プレリュード

L.モーツァルト:メヌエット

バスティン:ポロネーズ

ミュゼット

 

5-6年B

C.P.E.バッハ:ソルフェージェット

バッハ:ガヴォットBWV.816

 

...etc

 

担当講師:望月未希矢

会場:警固教室 井尻教室

開催期間:11/7~1/31 *レッスン日はご相談に応じます。

レッスン料金:5,000円 *レッスン当日のお支払い。一時間程度のワンレッスンです。

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

音楽専門コース 開設(実技&ソルフェージュ)

夏休みも半分が過ぎましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

学校の勉強と合わせてピアノの練習を頑張っている子供たちも多いでしょう。

モチコピアノスクールではこれから音楽を専門的に学ぶ子供たちをサポートしていきたいと考えています。

 

先週、夏のソルフェージュ体験クラスでアンケートをとったところ、高学年生では毎日平均1時間以上の練習をしていると答えた生徒さんが多かったです。

昨年から専門コースに通っている生徒さんは、日頃から毎日平均2時間以上の練習時間を確保して頑張っています。

 

音楽専門コースでは実技60分(個人) とソルフェージュ60分(グループ)のレッスンを年間42回予定しています。

*週に2回、固定曜日のレッスン

 

ピアノを弾くのが好き!もう少し、専門的なレッスンを受けてみたい!という方は是非ご検討ください。

仮に音楽学校の受験を視野に入れた場合は、遅くとも小学校高学年頃から専門的な内容のレッスンを受ける必要があります。

音大に行かない場合でも、音楽の知識とピアノの技術を深めることは豊かな教養にもつながるかと思います。

 

ご入会までの流れ

 

1.【お問い合わせ】

お問い合わせフォーム、またはお電話で体験レッスンの日時をご相談ください。

TEL: 092 574 6325

 

2.【体験レッスン】

45分の実技レッスンの後に面談のお時間を頂きます。

*料金 3,000円

 

3.【ご入会・ソルフェージュクラス分け】

9月以降にレッスンがスタートします。


音楽専門クラスの授業料

小学校高学年 月額 23,220円(60分の実技とソルフェージュ込み)

中高生    月額 25,920円

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

警固教室 レッスン枠が増えます!

警固教室でのピアノレッスンをご希望の皆様にお知らせです。

 

モチコピアノスクールでは8月より新しくピアノの先生をお迎えすることになりました。

国立音楽大学を卒業され、イギリスの名門ロンドン王立音楽院で研鑽を積まれた若手の先生です。

演奏、レッスンともに素晴しいだけではなく、お人柄がとってもチャーミングな方です^^

先生にはモチコピアノスクールのメソッドを柱に、新しいアイディアを吹き込んでくれるよう期待しています♪

近日中にホームページでご紹介させて頂きます。

 

只今、受付中のレッスン枠は以下のお時間です。

土曜日 14時〜15時,16時以降

火曜日 夕方〜 ご希望に応じて

金曜日 夕方〜 ご希望に応じて

 

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

夏のアドバイスレッスン

夏に開催されるコンクールへ向けて頑張っている皆さん!

モチコピアノスクールのアドバイスレッスンを受けてみませんか?

コンクール課題曲のポイントを理解して、演奏にさらなる磨きをかけましょう!

 

ピティナ全カテゴリーの他、グレンツェンピアノコンクール、ショパン国際コンクールin Asiaなどのピアノコンクールに参加される方は是非ご検討下さい。

 

ピティナ予選の近現代曲にもバッチリ対応します。

例えば...

B級

D.ヴィクトル作曲 子ヤギ

カバレフスキー作曲 騎士 Op.27-29

石田 祥子作曲 こねこの運動会

田中 カレン作曲 きりん

 

C級

ギロック作曲 ダイアナの泉、魔女の猫

バルトーク作曲 ソナチネ 第1楽章

松岡 貴史作曲 何とかわいい!

湯山 昭作曲 柿の種

 

D級

バルトーク作曲 6つのルーマニア民俗舞曲より 第1番、第6番

プーランク作曲 即興曲 Nr.13

武満 徹作曲 こどものためのピアノ小品より 第2番 雲

中村 夏美作曲 舞曲「異国の風」

etc..

 

担当講師:望月未希矢

会場:警固教室 井尻教室

開催期間:7/12〜8/31 *レッスン日はご相談に応じます。

レッスン料金:5,000円 *レッスン当日のお支払い。一時間程度のワンレッスンです。

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

Yoko先生の「コード奏法で始める大人のピアノ」

大人になってピアノを始める方、色々なジャンルの音楽をピアノで弾いてみたい方に朗報です!

モチコピアノスクールでは「コード奏法」を使った大人のピアノレッスンをスタートします。
担当して頂くのは、指導経験が豊富で、様々なジャンルのピアノに詳しいYoko先生です^^

ピアノを弾くためには小さい頃から始めないと。
そう思っている方は多いと思います。
確かに、クラシックの難曲を弾きこなすという意味では大変な練習が必要ですが、Yoko先生の「コード奏法」を使うことで、ピアノはずっと楽しく身近になりますよ♪

-ポピュラーピアノ、ジャズピアノの基本を習得したい方。
-いろいろなジャンルの音楽に興味がある方。
-様々なシーンで気軽に演奏を楽しみたい方。
-読譜が苦手な方。
コード奏法で、新しいピアノの楽しみを見つけましょう!

5月から体験レッスンを受け付けています。
5/2(土)14時〜
5/16(土)14時〜
5/23(土)14時〜

【Yoko先生プロフィール】
福岡出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノ&キーボード奏者としてさまざまなアーティストのコンサートに参加し、多様なジャンルの音楽経験を積み、帰福。
ホテルラウンジ、ブライダル、楽器メーカーイベント、老人ホームなど、色々なシーンでの演奏を楽しみつつ、ピアノ指導にも力を注いでいる。
ヤマハ、ローランド、私立高校などで指導を経験。

指導にあたって大切にしていることは、
誰かと競争するためではなく、自分自身の心や人生を豊かにするために、音楽やピアノに触れ、楽しんでほしいということ。
その結果、あなたが紡ぎだすあたたかなピアノの音色が誰かを感動させるパワーを持つとしたら、とても素敵なことではないでしょうか。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

別れの季節

しだいに暖かくなり、けやき通りの景色も春めいてきました。

ところが、PM2.5で今朝の福岡の空は真っ白!

少し風邪気味なのも重なって、朝からガラガラ声でのレッスン^^;

 

日曜日は9時からレッスンスタートです。

来週の水曜日にはあいれふホールで発表会があるので、生徒のみんなは本番さながらに気合いの入った演奏を聴かせてくれましたよ♪

 

昼休み前の1時間は高学年生対象の聴音・ソルフェージュのレッスンです。

このクラスの生徒さんはピアノに熱をいれている上級生なので、発表会では小さな子供たちの憧れの的なのです!

きりっとした表情で、音を聴いては楽譜におこしていきます。

始めてから半年が経ちましたが、驚くべき上達ぶり!かっこいいよ〜♪

出会いあれば、別れあり。


三月には3人の生徒さんが遠く県外へ転居となり、お別れの日がやってきました。

五年生のアイコちゃんと、年長さんの双子カイくん、シュウくんたちです。

アイコちゃんは私が福岡で教え始めた時からの生徒さんで、カイくんシュウくんはモチコピアノスクールのプレコース一期生。

今日が最後のレッスンだと思うと、感慨深い気持ちになりました。

レッスン後に教室の入り口で記念撮影です。

生徒さんたちがこれから大きく羽ばたいて、いつかこの写真を懐かしく手に取る日を楽しみにしています。

親御様のサポートが本当に素晴らしく、お付き合いさせて頂いた経験はモチコピアノスクールの大きな財産になりました。

本当に長い間、ありがとうございました。


3人とは、3/25(水)のあいれふホール大発表会を最後にお別れです。

是非、福岡最後のよき思い出になるように、思い切り弾いて欲しいと思います。

GO! GO !

 


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
2 コメント

冬の特別レッスン お申し込み受付中です

二日間だけの特別レッスンのご案内です。

夏に開催した時に「また同じような機会を作って欲しい」とご要望を頂きましたので、今年は冬にもやります!

いつもと違う環境でレッスンを受ければ、ふとアイディアが浮かんだり、解決方法が見つかったりするもの。

モチコピアノスクールのセカンドオピニオンを皆様のピアノの上達とより深い表現に役立てて下さい。

コンサートやコンクール対策にもお勧めです!


【冬の特別レッスン】

12/21(日)&1/4(日)

定員6名

お申し込みはこちらからお願いします。

 http://www.mochicoschool.com/winter/

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ソルフェージュコース 新開講

9月からモチコピアノスクールのソルフェージュコースが開講します。

聴音を中心にしたグループレッスンで音楽の基礎力を伸ばしませんか?

「音を聴く→楽譜を書く」という聴音のレッスンは、読譜力が飛躍的に伸び始める小学校高学年頃に始めるのがお勧め!

同年代のお友達といっしょに切磋琢磨できるのも大きなメリットです。

 

《夏のソルフェージュ体験》では、小学校高学年の生徒さんたちが聴音に挑戦しました。

 

楽譜を読むのが速くなった

楽譜の書き方が分かって面白かった。

音を聴くのが楽しかった。

 

といった感想があり評判は上々です。

これから夏の受講生と9月以降の参加者でグループを作って一緒に勉強していきます。

ヴァイオリンなど他の楽器を習っている生徒さんも大歓迎です!

 

【9月から新開講するクラス】小学校高学年対象

日曜日,11:00-12:00,警固教室

 

【レッスン料金(月謝)】年間42回のグループレッスン

高学年 9,720円

中高生 10,800円

 

ピアノレッスン会員割引あり

詳しくはお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

《夏の特別レッスン》皆さんの頑張りに拍手!

皆さん、お盆はいかがお過ごしでしたか?

今年は台風や大雨の影響があって例年よりも涼しいですね。

レッスンが終わって夕方に大濠公園を散歩してみると、18時を過ぎ日が落ち始めた頃から風が気持ちよく感じました。

 

モチコピアノスクールでは一週間の休みが明けて、レッスンがスタート!

日曜日の今日は《夏の特別レッスン》二日目です。

 

6名の募集枠に対して多くのお問い合わせを頂き、結局7名の受講生がレッスンを受けに来て下さいました。

音楽が好きでピアノに熱心に取り組んでいる方がいて、本当に嬉しいです^^

そして意外にも、早くにご予約下さった7名の方全員が大人の生徒さんだったのです!

《夏の特別レッスン》で受講生の皆さんが弾かれた曲、、

とても魅力的な曲ばかり!

でも、どれもけっこう難しく^^; うーん、私もいい勉強になりました。

 

1日目

-バッハ フランス組曲5番

-メンデルスゾーン 幻想曲3楽章

-ショパン スケルツォ2番

 

2日目

-ショパン バラード1番

-ショパン 別れのエチュード&ポロネーズg-minor

-シューマン クライスレリアーナ1,4,7

-シューマン=リスト 献呈

 

それにしても皆さん、細部までよく弾き込んでいて自分らしく表現していましたね。

何より、その曲が好きだというのが伝わってきて素晴らしいです。

今日はシューマンとショパンづくしでロマン派の世界にどっぷり浸かり、

今でも美しいメロディーの断片が頭の中で流れています。

音楽が好きな人たちとのレッスンはなんと楽しいことでしょう!

 

レッスン後、

「どのように音楽作りをすればいいか見えてきた」

「いつもと違う角度から意見がもらえて助かった」

「模範演奏の音色が綺麗だった♪」

といった嬉しいメッセージを頂きました^^

 

そうですねー、思いのほか喜んで頂けたので今年の冬休みにも開催するかもしれません。

 

ご興味のある方は是非ホームページの方をチェックして下さい!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

小学校4、5年生が聴音に挑戦中

夏のソルフェージュ体験は2週目が終わりました♪

 

音を聴く習慣を身につけて音楽をより深く味わって欲しい。

そんな思いで受講生を募ったところ、小学4年生2人と5年生2人の意欲的な生徒さんが集まってくれました。

 

小学校高学年の学生さんに聴音はお勧めです!

 

モチコピアノスクールのソルフェージュクラスは聴音に的を絞った一時間のレッスン。

みんな耳を澄ませて黙々と音符を書き続けます。

途中リズムを刻んで考えたり、普段あまり意識しにくいシャープ、フラット、ナチュラルなどに気をつけて書きます。

この年齢の学生さんは要領を得てすぐに取り入れることができるようですね。

書いているのをチェックしながら、フムフムと感心していました^^

 

まずは簡単なメロディー聴音から始めます。

しかし、それだけではありませんよ〜。

初心者でも必ず使用する教材はバッハのコラール(4声)です。

和声感が身に付いて耳が良くなるし、なんたって聴こえてくる音楽そのものが美しい!

無味乾燥な聴音素材だけでは得られない味わいがあるのが好きです。

 

2回のレッスンでしっかりと手応えがあったので9月以降も引き続き生徒募集をしようと思います。

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

夏のソルフェージュ体験 受講生募集

皆さんはソルフェージュのレッスンについて知っていますか?

ソルフェージュとは視唱、リズム練習、初見、楽典、聴音などの総合的な音楽レッスンのこと。

最近はソルフェージュをしっかりと教えてくれる音楽教室が少なくなっていますが、ソルフェージュはピアノを習っている生徒さんに限らず、楽器の習得には欠かせないレッスンです。

書くことに慣れてきた小学校高学年からは、聴音によって読譜力が飛躍的に伸び、楽器を弾くだけでは得られない音の楽しみが広がります。

 

今回の夏のソルフェージュ体験では、ほとんどの時間を聴音(音楽を聴いて楽譜におこす練習)に費やす予定です。

コレはやってみると意外に楽しいですよ!

是非この機会にご参加下さい^^

 

小さい頃から楽器を習っているのに譜読みが苦手。

練習を始めても集中力が長く続かない。

とても多いご相談です^^;

 

もちろん理由はいろいろと考えられるのですが、ほとんどの場合で「音を聴く」という音楽をする上で最も大切な習慣が欠けているのです。

 

ソルフェージュのレッスン項目の中で特に重要なのが聴音である事は間違いありません。

そして、聴音を始めるには適正な時期があります。

 

練習とは、まさに「終わりのない耳のトレーニング」。

音を聴くことで、楽器を弾くのがもっと楽しくなるはずですよ!

 

各クラスとも若干の空席がございます。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

警固教室 平日のレッスン枠を増設

これまでにたくさんのお問い合わせを頂いていました警固教室のレッスン枠を新たに増やすことにしました。

警固教室はけやき通りから程近く、天神南口からは徒歩圏内でアクセスも良好です。
特に16:00-18:00の時間帯は人気がありますので、モチコピアノスクールのレッスンをご検討中の方は是非お早めにお知らせ下さい。体験レッスンも随時受け付けております♪
 
新設するレッスン枠は下記の通りです。
水曜 14:00-20:00
木曜 18:00-20:00
日曜 午後から空席あり。
 
警固教室のレッスン室には大きな木の机があり、ご兄弟でレッスンに通っている子は絵本を読んだり宿題をしたりして待ち時間を過ごしています^ ^
親御さんはレッスンの見学もできます。
コインパーキング有。
 
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

《夏の特別レッスン》受講生募集

暑い夏にもピアノを頑張る方のために、7/13(日)と8/17(日)の二日間《夏の特別レッスン》を行います。

このレッスンはある程度レパートリーが仕上がった段階で新しいアイディアが欲しい時、どうしても苦手な箇所を克服したい時、本番前に度胸試しをしたい時には特に有効です。

 

私自身の学生時代を思い返すと、夏休みには師事している先生のもとを離れてサマーコースに参加しました。(大学は夏の休暇がたっぷりあります)

いつもと違う環境で受けるレッスンは新鮮で緊張感があり、一夏でぐっと成長しました。(自己評価^^;)

夏のヨーロッパでは避暑地で音楽に打ち込みます。

そんなヨーロッパの伝統にはかなわないけれど、いつかモチコピアノスクールでは自然が豊かな場所でサマークラスをする夢があります☆

 

ということで、まずは天神からほど近い警固教室でサマーレッスン!

本番で弾く曲を仕上げるためには、セカンドオピニオンを得る事がとても大切だと思います。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

《夏の特別レッスン》詳細はこちら。

 http://www.mochicoschool.com/sommer/

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
2 コメント