最終日 観光&打ち上げ

シンガポールといえば、そう、マーライオンです!ニューヨークの自由の女神的な存在なのかな。由来を知っている方は是非コメント下さい^^; 二枚目の写真が昨夜のコンサート会場、エスプラネードです。ドリアンの形をした建物が二つ並んでいますが、こちら側からは一つに見えます。そして、巨大なタワー三つの上に舟がのっかったようなマリーナ・ベイ・サンズ。このエリアはシンガポールの経済を象徴する迫力の建築物が密集しています。全部同じポイントから撮影。ドリアンホールに近づくと、、ホントにドリアンそっくり!最大規模のシアター、コンサートホールの他にショッピングモールが併設された大型複合施設です。

マレーと西洋の文化が混ざり合って生まれたのが「コロニアル」というシンガポール独特の様式らしく、そのコロニアルスタイルの代表建築がシンガポールの最高級「ラッフルズホテル」。写真左。街中の広大な敷地にヤシの木がたくさん。オレンジ色の屋根と、通気性のよい窓と広い回廊が特徴ですね。シンガポールのチャイナタウンは超高層ビルが立ち並ぶ一角の裏側にあります。西洋、マレー、中国といった多文化が混ざり合った感じが面白い。中華街の露店にはガラクタのなかに掘り出し物がありそう。さて、この寺院は何でしょう。こちらも知っている方はコメント下さい。

コンサートの打ち上げはホテルのプールサイドで行われ、出演者や助力下さった方々が集まりました。その前に、めちゃくちゃ臭いと評判のドリアンをなんとかして食べたかったので、ドリアンスイーツで有名なこちらのホテルで頂きました。臭いだろうと身構えていたのですが、このスイーツは絶品^^ ドリアンはまるで生クリーム替わりのように、果物の繊維を残しつつムース状になっていて、フレッシュで油脂がしつこくなく、口に含むとほのかに甘さが広がります。アイスコーヒーとドリアンパフェで20ドル。コンサートの主役、ルカさんと一緒に。彼の音楽は素直に人の心に届きます。分かりやすいけれど、決して安っぽくありません。現代には珍しい、美しいメロディーメーカーだと思います。ピアノの曲も書きたいと話してくれたので、いつか演奏したいです^^ 夢のようなシンガポールの五日間はこれでおしまい。再訪を誓って、さようなら!

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

本番 企画の面白さとサービス精神

ルカ・ストラディヴァリプレミアコンサート開演!300席ほどある会場は満員御礼で、各国の大使館の方もいらっしゃいました。今回のコンサートは楽器制作、作曲家、演奏家、様々な才能にスポットが当てられた面白い企画だったと思います。ミーティングポイントが、東南アジア経済の中心シンガポールだったことも、注目度が高い理由でしょう。日本人のお客さんの姿も多く見られました。

先生が共演したアレクサンダー先生とまさこ先生はお客さんを喜ばせる事が大好きなパフォーマーです。サウンドチェックの後に、アンコールで弾く予定のプッチーニのアリア「O mio babbino caro」のエンディングにひと工夫、演出を加えています。二本のヴァイオリンが一度離れてステージを歩き、最後にまた近づいて見つめ合います。お二人とも底抜けに明るい(普段から)テンペラメントの持ち主で、とにかく人前で弾くのが大好きなのです。本番でも持ち前の明るさで、会場を盛り上げて下さいました。きっと、風土と音楽は関係しているはず。常夏の国シンガポールの香りを彼らの音楽の中にも感じられたのでした。

 

西村さんのヴァイオリン制作に関するワークショップも大好評で、ルカさんの弦楽五重奏もバッチリお客さんのハートを捕まえたようです。こちらも、今後の活躍が楽しみな若い才能ですよ。皆さん、今のうちから是非ご注目下さい♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
1 コメント

ラジオ出演&ゲネプロ

ホテルの庭には緑がたくさんあり、南国の鳥やカエル?がいるようで、目が覚めた朝五時半頃には生き物たちの大合奏です。ピヤ、ピヤ、クー、クルクルと綺麗な声で鳴いています。今日は八時からオンエアのラジオ番組 Smile Wave に出演しました。ヴァイオリン制作家の西村さん、作曲家のルカさんと一緒にシンガポールの放送局が集まるメディアコープへ。マレー様式の豪邸が軒を連ねる丘陵地を抜けて行きます。

 
二十分くらい今回のコンサートについてお話したのですが、三人とも的を外しっぱなしのトークだった!そうです。イタリア人のルカさんのおふざけはイタリア語が堪能な西村さんが上手くケアして下さいましたが^^;
シンガポールは教育熱心な国で、多くの子供たちがピアノやヴァイオリンを習うけれど、お勉強の一環という認識が強いとききました。最近は国も芸術方面に力を入れて、音楽のとらえかたも文化的になりつつあるそうです。ラジオ番組にも、ピアノを習わせているご家庭から、ピアノが長続きする秘訣は何ですか?の質問が寄せられました。うーん、難しい。何でしょうね、上手く答えられたでしょうか。
 
夕方からは、明日の会場エスプラネードでリハーサルです。リハーサルは話し合いながら、というか、おしゃべりしながらゆっくり進みます。エスプラネードのスタッフも数人いますが、皆さんもっさりして、なんとな〜く裏方の段取りが決まっていきます。南国特有のゆったりテンポですが、ちゃんと決まったので問題なし!これもお国柄^ ^
 
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント

ルカさん合流 リハーサル二日目

シンガポール二日目の今日は、夕方のリハーサルまで自由時間です。スコアリーディングをした後、チャイナタウンをウロウロ。シンガポールのローカルフードはマレー料理と中華が混ざった不思議な味。麺が二種類はいっていたりアイスにコーンがのったり、でも意外といけます。それから、シンガポールで人気らしいフットマッサージへ。

ほら、足つぼマッサージがきっちり事業化されています。サロンは清潔感があるし、マッサージ師も育成しているのでしょうね。ざっと20席はありました。さすがシンガポールビジネス!

 

今日のリハーサルはルカ・ストラディヴァリの弦楽五重奏から始まりました。なんと、ルカさん本人もクレモナからやって来たのです!ぱっと聴いて思い浮かんだのが、映画ニューシネマパラダイスのようなイタリアの田舎風景。親しみやすく、情感豊かな曲でした。これなら、現代音楽だからといって硬く構える必要はありませんね。今日で出演者全員が揃いました。日本、シンガポール、ロシア、イタリアからのゲストが夢の共演です♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
2 コメント

シンガポール到着

福岡からシンガポール航空の直行便で6時間、現地のホテルに到着しました。リゾート感のある都心のホテルです。窓の外はこんな景色。高層マンション、ヤシの木にプール、気温は30度あります。これから一息ついてヴァイオリニストとのリハーサルがあります。今回初めてお会いする元シンガポールフィルコンサートマスターでYong Siew Toh 音楽院教授のアレクサンダーさんと、シンガポール在住日本人ヴァイオリニストのまさこさんは、とてもフレンドリーでエネルギッシュな方でした。

初日の夜ご飯は共演、主催の方とお寿司です。日本人の美的センスと技にうっとり。なんでも、北海道から毎日新鮮な食材を空輸しているそうで、その味はまさに日本が世界に誇るSushi!同じビルの中に日系の飲食店がいくつかはいっていて、在住日本人やシンガポリアンに大人気だそうです。食レポになっちゃいましたが、いい演奏のために飲ミニケーションは大切ですから^ ^

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
0 コメント