新学期へ向けて

第5回発表会が無事に終わり、今日は記念すべき4月1日、新元号発表の日です。
皆さんの予想はいかがでしょうか。

今年の発表会では「音楽を静かに聴く環境を作る」ことを目指して、運営にあたりました。
昨年の反省も踏まえて講師会でも入念に話し合い、保護者の皆様にもご協力頂いた結果、静かな中にも活気があり、演奏に集中できる雰囲気になってきました。
とはいえまだまだ、改善点はありますから次に生かしたいと思います。

全体を通しておよそ300名程のお客様がご来場されました。
生徒にとっては聴衆がいる中での貴重な演奏体験になったと思います。
中高生の演奏には感心しました。
山あり谷ありで、かれこれ10年近くピアノを続けてきて、見える世界も変わってきたのではないかな、と感じました。
続けることの大切さ、伝えていきたいですね。

さて、たくさんの出会いと別れに感謝して新しい時代を迎えましょう。