第三回発表会は学び、遊び、味わう一日

この数日は肌寒い日が続いたせいか、桜並木はまだ色づいてはいませんでしたが、天気には恵まれて清々しい気持ちで会場入りしました。

 

演奏は年齢順に進み、最初はかわいい、かわいいパフォーマンスから。

舞台袖ではいつもと違うワクワク、ドキドキを楽しむ子供たち。

 

ところが、演奏が進むにつれてコンサートの風格が増してゆきます。

しんと静まり返る楽屋。

音の行方を真剣に追う聴き手たち。

 

私たちにとって発表会は成果を確認する場ではありますが、成長するという学びの要素以外に、音楽を遊ぶ、味わうといったところが大切なのだと感じます。

音楽は必ずお子様の自立を助け、人生のある時々に幸せな瞬間を与えてくれるでしょう。

ピアノを弾いてみたいなっと思ったら、是非モチコピアノスクールの扉を叩いてみてください。

 

発表会の様子は別ページにて特集したいと思います。