イタリアンバロックLive!福岡出身のリューティスト太田さんが演奏

現在ドイツ、フランクフルト在住のギター・リューティスト太田耕平さんが久しぶりに帰福され、コンサートを開催されました♪


クラシックギターを学ぶべく7年間をイタリアで過ごし、その後はリュートやバロックギターを専門にフランクフルト音楽大学で研鑽を積んだ国際肌の音楽家です。

同時期に私もドイツとオランダで過ごしていたので、お互いの留学先を訪ねた事もあり大変懐かしい思いで昨日のコンサートを聴きました^^

そして、そのコンサートのコンセプトと質の高さに感激!!


もともとバロック音楽が好きだったこともあって、コンサートの案内を頂いた時には「これは聴きたい!」と思いました。

そして、今回はバロックの中でも日本で取り上げられることが極めて少ない初期イタリアバロックにスポットをあてたコンサート。

中国出身、フランクフルト在住の素晴らしい演奏家、キュイ・ホンシャさん(バロックバイオリン)リー・ファンさん(バロックヴィオラ・ヴィオリン)との共演です。


プログラムの紹介文から引用させて頂くと、初期バロックは《「分かりやすく」「より人間らしい」音楽》が花開いた時代だったそうです。


コンサートではスクリーンの配色、衣装、トークなど、ささやかな演出が施されていて、そのちょっとしたこだわりが音楽を新鮮で鮮やかなものに引き立てていました。

曲はほとんど無名といっていい作曲家によって書かれています。

ところが、どの曲も実に生き生きとしているのです!

一人の芸術家の作品というよりは、当時の人々が喜怒哀楽のままに歌い踊っていた姿が浮き彫りなる音楽。

久しぶりに聴く太田氏のギターも絶好調!


「イタリアンバロック LIVE」

新しい音楽の愉しみを発見した一夜となりました。

福岡市東市民センターホールにて、小学一年生の生徒さんも一緒に(写真)。

アンコールでは一緒にメロディーを口ずさんでいましたね^^

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ