最終日 観光&打ち上げ

シンガポールといえば、そう、マーライオンです!ニューヨークの自由の女神的な存在なのかな。由来を知っている方は是非コメント下さい^^; 二枚目の写真が昨夜のコンサート会場、エスプラネードです。ドリアンの形をした建物が二つ並んでいますが、こちら側からは一つに見えます。そして、巨大なタワー三つの上に舟がのっかったようなマリーナ・ベイ・サンズ。このエリアはシンガポールの経済を象徴する迫力の建築物が密集しています。全部同じポイントから撮影。ドリアンホールに近づくと、、ホントにドリアンそっくり!最大規模のシアター、コンサートホールの他にショッピングモールが併設された大型複合施設です。

マレーと西洋の文化が混ざり合って生まれたのが「コロニアル」というシンガポール独特の様式らしく、そのコロニアルスタイルの代表建築がシンガポールの最高級「ラッフルズホテル」。写真左。街中の広大な敷地にヤシの木がたくさん。オレンジ色の屋根と、通気性のよい窓と広い回廊が特徴ですね。シンガポールのチャイナタウンは超高層ビルが立ち並ぶ一角の裏側にあります。西洋、マレー、中国といった多文化が混ざり合った感じが面白い。中華街の露店にはガラクタのなかに掘り出し物がありそう。さて、この寺院は何でしょう。こちらも知っている方はコメント下さい。

コンサートの打ち上げはホテルのプールサイドで行われ、出演者や助力下さった方々が集まりました。その前に、めちゃくちゃ臭いと評判のドリアンをなんとかして食べたかったので、ドリアンスイーツで有名なこちらのホテルで頂きました。臭いだろうと身構えていたのですが、このスイーツは絶品^^ ドリアンはまるで生クリーム替わりのように、果物の繊維を残しつつムース状になっていて、フレッシュで油脂がしつこくなく、口に含むとほのかに甘さが広がります。アイスコーヒーとドリアンパフェで20ドル。コンサートの主役、ルカさんと一緒に。彼の音楽は素直に人の心に届きます。分かりやすいけれど、決して安っぽくありません。現代には珍しい、美しいメロディーメーカーだと思います。ピアノの曲も書きたいと話してくれたので、いつか演奏したいです^^ 夢のようなシンガポールの五日間はこれでおしまい。再訪を誓って、さようなら!

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ