本番 企画の面白さとサービス精神

ルカ・ストラディヴァリプレミアコンサート開演!300席ほどある会場は満員御礼で、各国の大使館の方もいらっしゃいました。今回のコンサートは楽器制作、作曲家、演奏家、様々な才能にスポットが当てられた面白い企画だったと思います。ミーティングポイントが、東南アジア経済の中心シンガポールだったことも、注目度が高い理由でしょう。日本人のお客さんの姿も多く見られました。

先生が共演したアレクサンダー先生とまさこ先生はお客さんを喜ばせる事が大好きなパフォーマーです。サウンドチェックの後に、アンコールで弾く予定のプッチーニのアリア「O mio babbino caro」のエンディングにひと工夫、演出を加えています。二本のヴァイオリンが一度離れてステージを歩き、最後にまた近づいて見つめ合います。お二人とも底抜けに明るい(普段から)テンペラメントの持ち主で、とにかく人前で弾くのが大好きなのです。本番でも持ち前の明るさで、会場を盛り上げて下さいました。きっと、風土と音楽は関係しているはず。常夏の国シンガポールの香りを彼らの音楽の中にも感じられたのでした。

 

西村さんのヴァイオリン制作に関するワークショップも大好評で、ルカさんの弦楽五重奏もバッチリお客さんのハートを捕まえたようです。こちらも、今後の活躍が楽しみな若い才能ですよ。皆さん、今のうちから是非ご注目下さい♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    しゅう&かい (金曜日, 11 4月 2014 10:39)

    せんせい、演奏おつかれさまです! ききたかったな〜♪