アイコちゃん&アサちゃん 教会でのコンサート

いよいよ、夏休みに突入しましたね!

皆さん、今年はどんな計画を立てていますか?

思いっきり遊べるように、宿題は早めに済ませておきましょうね!

 

先日、モチコピアノスクールの生徒さん二人が、教会で開かれた小さなコンサートに出演しました。

三年生のアサちゃんと、四年生のアイコちゃんです。

二人は、先生が福岡で教室を始めた頃からの生徒さん。

そう、第一期生なのです。

去年のクリスマス会で顔を合わせていたので、この日はすっかり仲良しです。

 

アサちゃんが弾いたのは、ブルグミュラーの「やさしい花」。

アイコちゃんはバッハの小プレリュードから一曲とモーツァルトのメヌエット。

とても表情豊かで、生き生きとした音色を聴かせてくれました。

ステージでも、堂々と自分らしさを表現していましたね。

それに、表情もなんだか凛々しくなってません!?

 

小学校高学年は、テクニックを習得するのに最適な時期です。

朝起きたら、グンッと伸びていた!?なんてことが起こり得る、

人生でも稀なときなのです。

そんなミラクルを起こすためには、「聴く力」が備わっていないといけませんよ。

二人とも、日頃のレッスンで繰り返しやっていますね。

 

小言はこの辺にして、、、

 

「表現する喜び」が伝わって来る、素晴らしい演奏♪

今日は心から楽しませてもらいました!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ