ギロック:叙情小曲集より 荒れ果てた舞踏室(グレンツェンピアノコンクール課題曲 中学A)

夏休みに発表会やコンクールをひかえている皆さん!

本番を前にワクワクしたり、緊張してナーバスになっていたり、色々な気持ちがあると思います。

どちらにせよ、備えあれば憂いなしです。

休みにはいつもと違う練習をやってみて、ピアノの楽しさを発見してくださいね!

 

今回はグレンツェンピアノコンクール課題曲より、ギロック作曲「荒れ果てた舞踏室」をアナリーゼしてみます。

荒れ果てた、、、なんだかイマジネーションが湧いてくる素敵なタイトルですね。

弾きにくい曲ではないですが、左手がメロディーを担っていたり、テンポの変化が多かったりする特徴があります。

そして、雰囲気を醸し出すセンスが必要な曲です。

音色の可能性が広がる素敵な曲です。

ペダルも効果的に使って、ピアノの響きを上手に引き出して下さいね。

 

ギロックはキャラクター豊富な子供向けのピアノ曲をたくさん書いています。

「子供のためのアルバム」や、「叙情小曲集」などは普段のレッスン素材としてもお勧めですよ。

 

モチコピアノスクールの「夏のコンクール特別レッスン」では、一つの曲をじっくり掘り下げて仕上げていきます。

きっと上達のヒントが見つかるはずです。

皆さんのご参加、お待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ