予告 モチコピアノスクール発表会 2018


2018年3月31日 新しい気持ちで、一歩前へ

モチコピアノスクールの始まりは2012年の春。7年間のドイツ・オランダ留学から帰国して間もない私のレッスン室にやってきた一人の小学生との出会いからでした。その後、ごく僅かな生徒さんのプライベートレッスンを経て、翌2013年の5月にホームページを立ち上げ広く生徒募集をしました。この時点でPreコースが開設、それまで徹底的に研究してきた幼児期のピアノレッスンも本格的にスタート。約半年後の2013年12月には、プレコースに在籍する4~6歳のかわいい一期生たちが、クリスマスに1人2曲ずつの演奏を堂々と披露したのです。

 

現在、モチコピアノスクールでは子供達が生き生きとピアノを学んでいます。意欲あふれる講師達もその学びをサポートしています。ピアノ講師の仕事を5年間続けた中で、ピアノスクールの役割は単にピアノを教える、子供の能力を伸ばすことだけではなく、ピアノを通じて豊かなコミュニティ作りをすることだと考えるようになりました。子供達の夢を支え、豊かなコミュニティを創造する。とても魅力的な仕事だと思います。

 

2018 年の3月31日(土)第四回目となります発表会を福岡あいれふホールにて開催させて頂きます。これまでにご支援下さった皆様に感謝申し上げます。発表会では生徒、講師が一体となって精一杯の演奏を披露します。どうぞモチコピアノスクール発表会をお見逃しなく!

代表 望月未希矢

コンサート形式の本格的な発表会


あいれふホールは福岡を代表するクラシック専門ホールです。天然木材を使用したシューボックス型のホールでは、隅々まで美しいピアノの音色が響き渡ります。出演者は舞台袖からステージに登場します。正しいステージマナーを身につけて、人前に立つことだけでも大切な経験の一つ。発表会には沢山のお客様が来られます。大きな舞台だけに緊張するかもしれないけれど、一人でやりきった後の達成感はいっそう大きくなります。この達成感が生徒さんのさらなる成長へつながっていきます。

世界の名器スタインウェイD274を使用


一生懸命に日々の練習に取り組んでいる生徒さんにとって、一年に一度の大切な晴れ舞台である発表会。最高のピアノを最高のコンディションでご用意しました。スタインウェイD274は世界的ピアニストがリサイタルで使用する、いわばピアノの王様です。当日はコンサートの第一線で活躍されている一流の調律師さんにも来て頂きます。繊細なピアニッシモから豊かなフォルテッシモまで思いのまま。世界の名器スタインウェイが子供達の演奏を一段と華やかに演出します。