2018 明るい将来を描こう!

音楽の贈り物 2017の終演とともに、一年間のスクール活動も幕を閉じました。

 

12月は瞬く間に過ぎてゆき、30日になった今日、ようやく先週のコンサートの写真をめくる気分になりました。

 

さて、いろいろあったけれど、来年にはモチコピアノスクール創立5周年を迎えます。

音楽は夢や希望、愛といった概念を象徴するものだと思います。

 

シンプルで難しくて、言葉では何だか伝えにくい。

 

「でも、音楽がもし愛を養うことができるなら、演奏するのだ!」

(シェークスピア)

とあるように、演奏出来るって素晴らしい事なんですね。

 

5周年。楽しみで仕方がない!

共演者の皆様、ご来場頂いたお客様、そして日々のレッスンを通じて元気をくれた子供達、本当にありがとうございました。

 

2018年。変わりゆく時代の中で、希望を絶やさず、明るい将来を描いていきましょう。

 

よいお年を!

明日、贈り物アーティストが来日!

いよいよ明日、世界を舞台に活躍するアーティスト達がロシア、シンガポール、イタリアから来日されます。


明日からは一部レッスンはお休みとなり、本番へ向けてのリハーサルと準備に注力します。
初めての取り組み、バレエとのコラボも楽しみです。
 
今年もピアノを習っているご家族はもちろん、クリスマスの思い出に、たくさんの方へ音楽の贈り物をお届けします!

ラジオ出演 滝悦子のマイブックストーリー

今日はソラリア天神にあるLOVE FMさんでラジオ収録でした。

毎週日曜7〜8時放送の「滝悦子のマイブックストーリー」

人は誰しも心に残る一冊があるもの。

その本について、一時間じっくり語る向学情報番組となっております。

 

さて、代表が選んだ本とは。

子供時代、留学時代の話も交えてご紹介しました。

 

番組冒頭ではハイドンのピアノソナタCよりアレグロが放送される予定です。

是非、オンエアーをお聴きください!

12/17(日)7〜8時 LOVE FM 76.1MHz

今年のクリスマス。家族イベントはこれで決まり!

ピアノを習っているお子様とご家族のためにワクワクするクリスマスイベントを企画しました。

これからの時代を生きる子供達へ、夢と希望を届けたい。

昨年、そんな思いで始めた「音楽の贈り物」コンサートは、満員のお客様からご好評を頂きました。

そして、今年は...

海外から4人のアーティストに加え、なんと、スクールから8才のピアニストが出演します。

さらにツルタバレエ芸術学校から中学2年生の松永陽夏さんが生演奏とのコラボレーションで出演する他、アンコールでは子供合唱団も登場!

世界のアーティストと子供達が奏でる、クリスマスファンタジー。

是非、ご家族お揃いでお出かけ下さい。

 

12/22(金)19:00 開演

福岡市中央市民センターにて

チケットの購入

レッスンに保護者は同席はするべき?

ピアノのレッスンに保護者は同席するべきか。

生徒の年齢にもよりますが、意見が分かれそうです。

保護者の皆様はどのようにお考えですか。

最近、ある小学1年生の男の子が「ひとりで行きたい」と言います。
そこで、お母様には終了時間にピックアップしてもらい、一度一人でレッスンを受けてみることに。
その日はやる気も十分で、受け答えもハキハキ。高い集中力が最後まで続きました。
「これなら大丈夫だね」と先生からも褒められて、意気揚々と帰っていきました。
でも、いつもうまくいくのかといえば、そうではありません。
レッスンを始めるまでにぐだぐだしたり、挨拶が雑になったり、宿題を忘れたり。
家庭での細やかなケアのためにも、小1では保護者が同席したほうが良いことが多いです。
指導者の立場からみると、小3くらいまではケースバイケースかな思います。
でも、「ひとりで出来る」という気持ちは、自立心の現れなので、前向きに考えていいのです。
大切なのは習い始め。
保護者が同席してレッスンで習った内容を家庭でも繰り返す。
1〜3年くらいの期間は大変だと思いますが、後がずっと楽になりますから是非頑張ってください!

コンクールの審査

この秋、スクールの講師がピアノコンクールの審査員を務めます。

 

10/3 日本クラシック音楽コンクール 福岡本選(望月)

11/5 九州国際バッハコンクール 福岡予選(重田)

 

お近くの方は、是非選考会を聴きに来られてはいかがでしょうか。

近年のコンクールは多様化し、目的に応じて参加者が選ぶ時代になっていますから、受験を考えているコンクールをあらかじめ見ておくとイメージが湧きますよね。

 

モチコピアノスクールでは特定のコンクールを推奨したり、生徒に参加を促すことはほとんどなく、むしろ慎重派です。

競争意識よりも、音楽とピアノへの純粋な好奇心こそが豊かさを育むからです。

とはいっても、やはりコンクールには人の関心を惹き付ける力があります。

実際に参加して、貴重な経験を得ることも。

親御様からコンクールの相談を受ける時には、参加を決める前にしっかりと話し合い、結果に関わらず受験後もピアノを楽しく続けられるように努めています。

今回の審査を通しては、出来るだけ子供たちのは励みになるようなメッセージを伝えられたらと思います。

譜読みが大変!?

ピアノの練習が嫌いな理由。

1位はズバリ、譜読みが面倒だからだと思います。

心当たりはありませんか。

 

お母様にとって毎日の練習にどのように付き添えばいいのか、素朴な疑問だと思います。

そんな時は是非、次の3つに気をつけて練習を見てあげてください。

 

①リズム

②音程(ドレミ)

③指使い

 

②の音程が間違っていたら、誰の耳にもすぐに分かると思いますが、①のリズムは意外とルーズになりがちです。

音楽はリズムから、というくらいですから、100%正確に。

 

そして、③の指使いがとても大切です。

楽譜に書かれてある指使いの指示を見落していても、音楽的には問題なかったりします。

でも、何の指でも弾けたらオッケー!ではありません。

実は指使いはとても奥が深く、音楽性と密接な関係があります。

書かれてある指使いが全て正しい訳ではありませんが、型を学習することで将来の伸びが変わってくるのです。

 

とくに小学校低学年くらいまでは、上記の3つに気をつけてお子さんの練習を丁寧に見てあげて下さい。

チェンバロを聴いてみよう

バロック時代の作品を弾くときにチェンバロの音が聴こえてくることはありませんか?

 

今、ピアノの名曲として知られる17世紀後半から18世紀初頭にかけての作品は殆どがチェンバロ用に書かれたものです。

 

ヘンデル作曲のファンタジーC。

 

最近、レッスンで取り上げる機会が多いのですが、まさにチェンバロ的なイメージが湧く楽しい曲です。

重厚なコード。

ひたすら続く16分音符のトレモロ。

カデンツを匂わせて、繰り返すシークエンス。

 

「チェンバロの音、聴いたことがある?」と聞くと、稀に生の音を知っている子もいますが、普通は名前すら知らないですよね。

確かに、日本で聴ける機会は限られています。

私も初めて聴いたのは小学6年生頃だったと思いますが、最初は変な音だな〜と思いました。

 

日本にいた頃はCDを通して聴いて、留学中には教会で聴いたり、大学にある実際の楽器を弾いたりもしました。

聞き慣れた今では温度感がありロマンティックな音だと感じます。

 

チェンバロと言えば、よくレッスンで聴かせる曲がありますのでご紹介しましょう。

後半のカデンツァが有名。

バッハのブランデンブルク協奏曲5番、どうぞお楽しみ下さい!

ミッフィーとフェルメールさん

オランダのヒーローがコラボした絵本!

アムステルダム留学時代に親しんだお二人と再会しました。

ミッフィーとお話しながらたくさんの名画が登場するという設定です。

 

「この おんなのこは だれかしら」

娘さんかな。奥さんかな。お手伝いさんかな。もしかしたら...

 

「きれいな あおい ぬの。あかい くちびる。ひかる しんじゅの みみかざり」

 

洞察力、といったら大袈裟ですが、絵を見ることで物をよく観察して想像する習慣につながるのでは。

そんな気がしました。

巻末には各ページに掲載されている絵のキャプションがしっかりと書かれていて、とても勉強になります。

 

レッスンの時に楽譜を眺めて生徒に質問をすることがあります。

形としての音楽を見てみると、これまた発見があるかもしれません^^

秋のご入会 空き状況

残暑厳しい毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

秋入会をご検討の皆様に9月以降の空き状況をお知らせします。

 

引き続き、3~7歳のお子様を対象に一ヶ月トライアルを実施しています。

続けられるか不安...という方は、この機会に是非お試し下さい。

 

警固教室

火曜 15:30-16:00 / 18:15-18:45

木曜 15:00-15:30 / 18:00-18:30 / 18:30-19:00

土曜 午前中

 

井尻教室

水曜 新設予定!

木曜 15:30-16:00 / 16:30-17:00 / 17:30-18:00

 

*赤文字は入会済み、もしくはトライアル中のお時間です。

10月以降は若干の時間変更が予想されます。

上記以外のお時間をご案内出来ることもございますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。

おさらい会 2017

年中さんから小学2年生までの子供達を集めて、夏のおさらい会をしました。

 

夏休みに入ってのんびりしたいところを、子供達には一週間ほど頑張って練習してもらいました。

 

まずは、恒例の音出しリハーサルから。

 

スタインウェイ D-274。

世界で一番いいピアノだよ!と話すと、みんなのやる気もグンっとアップ。

いつものグランドピアノよりずいぶん長〜いですね。

弾く順番は早いもの順です。

ハイ、ハイ、ハイ!と元気な声が響きます。

 

舞台袖はありませんから、ホールの隅で先生とスタンバイ。

重田先生が出発を見守ります。

 

そして、一人きりでこなす初めてのステージへ。

頑張れ、頑張れ!

 

教室でリハーサルを重ねたかいもあって、弾き出せずにもじもじする子は一人もいませんでした。

おさらい会では毎年フレッシュな演奏が聴けます。

わっと驚く演奏、一生懸命な演奏、可愛らしい演奏。

去年弾いた子供達は一回り大きくなった姿を見せてくれました。

 

たくさんのご家族にリラックスした音楽会を楽しんで頂けて嬉しいです。

頑張ったその先には、来年3/31(土)あいれふホールでの発表会を見据えています。

ベビモ倶楽部 警固教室

さて、警固教室のベビモ倶楽部を覗いてみましょう。

 

生後7〜8ヶ月の赤ちゃんたちが続々とピアノのお部屋にやってきます。

今回、同級生がなんと4組も!

 

井尻ではポピュラーのアレンジでプログラムを作りましたが、こちらはクラシックのピアノ曲です。

中でもドビュッシーの「月の光」は子供には難しいかな、と思いきや「ピアノの音に癒された」とお母様たち。

赤ちゃんたちは好きな格好で音楽を丸ごと体験しています。

ピアノや木琴のおもちゃも楽しそうですね^^

 

次回は9月の開催を予定しています。

是非お気軽にお問い合わせください。

井尻のピアノ教室でベビモ倶楽部 START!

今日はベビモ倶楽部で井尻教室に来ています。

 

子育てママのコミュニティー「ベビモ倶楽部」では赤ちゃんと一緒に聴ける親子ピアノLIVEを開催しています。

 

ポピュラーピアノを宮木先生オリジナルのアレンジで。

 

曲の途中で絵本を読む時間も作り、雑談も交えてみました。

 

カスタネットや鈴をならして、ちょっと興奮気味の赤ちゃんたち。

床に寝転がって聴くのも気持ち良さそうですね。

音の振動が伝わっているかな〜。

 

初ベビモだったので運営側も少し緊張...^^;

楽しい企画にして、どんどん広めていきたいです!

7/20 7/22 親子ピアノLIVEへ行こう!

連日続いた大雨も過ぎ去り、夏も本番。

子育てママの皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

モチコピアノスクールではコミュニティページ《ベビモ倶楽部》を始めました。

子育てのお役立情報と共にリアルな赤ちゃんとママの日々が綴ってあります。

ちょっと覗いてみてください↓

 

https://www.facebook.com/babymoclub

 

さて、最初のイベントとして親子ピアノLIVEを企画しています。

お歌、手遊び、そして何と言っても親子で生のピアノ演奏が聴ける贅沢な時間となっています。

 

7/20(木)11:00- 井尻教室(明日です!!)

7/22(土)11:00- 警固教室

参加費:親子で500円

 

子育ての気分転換にいかがでしょうか?

お待ちしておりま〜す!

ピアノを始めて3ヶ月 リリコちゃんは何してる?

六月も半ば、日に日に暑さが増してきましたね。

運動会を終えた子供たちも多く、半袖シャツ姿にこんがり焼けた顔でやって来ます。

今日は久しぶりにレッスンの様子を覗いてみるとしましょう。

リリコちゃん(年長)は3月に重田先生のクラスでスタートしました。

 

最初はドレミに拘らずに表現の幅を体感することから始まります。

椅子に座って始める必要はありません。

ぞうさん、うさぎさんに例えて、音を大きくならす、小さくならす。

鍵盤の端から端まで、両手で行ったり来たり。

それから、先生が次々に鳴らす音を探し当てる遊びなど。

ピアノを前に小さくならないこと、気持ちを解放することは導入期からとても大切なことです。

 

今は半音階のスケールを特訓中の様子。

88鍵を何秒で弾けるかな?

ストップウォッチでタイムを測って楽しそうですね。

 恥ずかしがりなところも可愛らしいリリコちゃん、最後にはニコッと笑ってバイバイしてくれました。

 

7月29日にはピアノを始めたばかりの生徒さんも含めて、おさらい会をします。

どうしようかな〜と迷っている子供たちも多いですが、曲が仕上がって来たら「大丈夫!やってみようよ」と背中を押してあげるつもりです^^

おさらい会のお知らせです

しだいに熱気を帯びている日本列島です。

来週末に運動会を控えている子供たちもいるようで、日焼けした姿でレッスンにやってきます。

窓を開けると涼しい風が入りますがレッスン中はそうもいかず、今年初めてエアコンを起動しました。

とはいえ油断して窓を開けて寝てしまって喉がガラガラになったりと、体調管理が難しい季節ですね。

 

さて、一学期の締めくくりとしてお馴染みのおさらい会。

日にちが決まりました!

7/29(土)10;00〜 パピオビールーム(福岡市音楽・演劇練習場)大練習室

 

発表会と言うと子供達も身構えてしまいますから、みんなの前で気軽に一曲弾いてみよう!と呼びかけています。

見学自由となっておりますので、夏休みの予定に入れてみてはいかがでしょうか。

見学参加の方は無料でご入場頂けます。

一ヶ月トライアル 3~7歳向け

そろそろピアノを始めようかな、とお考えの方にぴったりのコースをご案内します。

一ヶ月トライアルでは4回の個人レッスンを通じて、お子様の反応、レッスン内容と目的、先生との相性を踏まえてじっくりご検討頂けます。

是非この機会にご利用下さい。

 

 

【カリキュラム】

3才からのピアノ

◯うた◯リトミック◯言葉とリズム遊び◯数と形の認識◯ピアノに触れよう◯絵本読み聞かせ

 

4~7才のピアノ

◯うた◯リズムの譜読み◯ドレミの譜読み◯姿勢・手の形◯聴音◯左右の手でメロディー

 

【空き状況】

警固教室

火曜 15:00-15:30 / 17:15-17:45 / 18:15-18:45

金曜 15:30-16:00

土曜 10:00-10:30 / 13:00-13:30

他のお時間についてはお問い合わせ下さい。

 

井尻教室

お問い合わせ下さい。

 

【料金】

7,560円 / 8,640円(小1の場合

 

【ご入会特典】

音符フラッシュカードプレゼント!